ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気になるがしかし……!

昼過ぎになっても止む気配のない吹雪の中、傘もささずに自転車で疾走していたので全身真っ白になってしまった;
や、だって、あれほどざんざか雪が降っているのを見たら、思わず雪まみれになってみたくなるんだよ。
手袋についた粉雪を凝視して、「すげー!結晶きれー!」とか叫びたくなるんだよ。
南国は海辺育ちの性だから仕方がない。
明日の朝とか積もらないかな~


と、それはさて置き、タイトルが何じゃらホイという感じですが。


ついさっき、注文していた例の『マーベラス・ツインズ』が届きまして(ああもう、こっ恥ずかしい邦題……!
まだ読み終わっていないので感想は後日~なんですが、問題はその巻末。

あの、「GAMECITY文庫 作品大募集!」って……え?

イラスト部門・ノベル部門共に、
“「歴史ファンタジー」「女性向けロマンチックファンタジー」というキーワードをもとに創造した、10代~20代の読者を意識した作品を募集中!” ですと……?
(参照→http://www.gamecity.ne.jp/gcbunko/welcome.htm

……あの、マジで?
本気で今からラノベ市場に参入すると?
コー○ー発の、歴史ジャンルに特化したレーベルというのなら確かに気になる存在ではあるけれども。
だったらついでに、もっと古龍作品翻訳してくれないかなとは思う。

つーか歴史ファンタジーって、どこまでが許容範囲なんだろう。
歴史要素が絡んでさえいれば、SF伝奇はセーフだよね!?
(ただし10代&女性向け的にアウト臭い)
[ 2008/01/24 18:51 ] 小説 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。