ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一寸隔絶されてました

昨日の夜から急にネットが繋がらなくなり、今になってようやく復活しました……!
おおおお! ありがとう某社!

そんな訳で、雨も降っていたことだし、今日は家で大人しく掃除&小説を書きながら新感線のDVDを鑑賞していました。
うん、まだまだ熱下がってないよ!
むしろ数ヶ月に一回は襲ってくる「新感線への愛を語り倒したい」病が再発したかもな勢いです。

FFディシディアとか三國無双5とか、PSPとかDSとか欲しいものは多々ある訳ですが、やっぱり何より一番集めたいのは新感線のDVD。
今まで妹と二人して共同で買っていたので、妹が買った分はまた自力で買わないと見れない状況だったりするんですよね……
ああ、『SHIROH』が見たい~
『アテルイ』が見たい~
97年版『髑髏城の七人』が見たい~
でも髑髏城に関しては、今から97年版1本だけDVD買うよりは、アカドクロとアオドクロとの3本セットになってるBOXで買う方がはるかにお得……
ていうか、その前に欲しい欲しいと言いながら全然入手できてない20周年記念DVD-BOXをね……!
いい加減ゲットしなくては……!
初演版『野獣郎見参!』『SUSANOHⅢ~魔性の剣~』『LOST SEVEN』『西遊記』はビデオがあるので、たまに見るくらいなら出来るんですが、『大江戸ロケット』と『星の忍者』はまだ未見だし……
ていうかビデオ持っているって言ったって、DVD特典の副音声が聞きたいんじゃー!
さとしさんが、さとし分が枯渇してるんだよ今日この頃!(結局はそこか;

そんな事を思いつつ、今日は『SUSANOH~魔性の剣~』と2003年版『阿修羅城の瞳』を見て一日を過ごしましたとさ。
また新感線作品のメディアミックスで、何かやってくれないかなー
映画版『阿修羅城の瞳』は微妙だったけど、アニメ版『大江戸ロケット』と漫画版『SUSANOHⅢ~魔性の剣~』(『takeru』の事)は個人的に大満足だったし。
次何かやるならやっぱ『髑髏城の七人』か『SHIROH』辺りがありえそうだけど、『LOST SEVEN』や『七芒星』でも良いんじゃないかと。
や、私的にはもちろん『野獣郎見参!』が一番嬉しいんだけどね!
初演版でも再演版(↓)でも良いから!!


再演版はひたすら古田さんが格好良かったという記憶が。
靖明王と化してからの悪役っぷりがたまらん……!
[ 2008/12/10 01:02 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

きれいは汚い ただしオレ以外

今日は友人ズと、なんばパークスにゲキ×シネ『メタル・マクベス』を観に行ってました。
実は自分、まだメタマク未見だったんです。
(だってDVDはなかなか購入する余裕がなかったし、ゲキ×シネも全然近場でやってくれなかったしで;)

で、ついに、遂に今日!
この目でこの耳で! しかと見てきた訳でして!
案の定、まだ魂が帰ってきません隊長!(誰

あぁあぁあぁ!もうッ……!
メタルサウンド最高ー!
じゅんさん愛してるー!
グレコ格好ええーーーーー!!

そして何より、悪女万歳。

もとより、ランダムスター夫婦が愛しすぎてどうしよう。

DVD本気で欲しい。
まだ例のBOXも入手できてないけど、もっとガッツリシッカリあの衝撃を味わいたい……!
脳内再生だけでは到底物足りないんだぜ!




さてさてと。
一晩経ってようやくまともに感想が書けそうな状態になったので、全力で愛を叫ぶぞーーー!
例によってネタバレ全開&暴走全開&無駄に長いので要注意!

[ 2008/12/02 23:39 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

俳優生活25周年記念公演とな!?

誰の事かと思えばこれが何と、古田新太さんの事だそうで。
公式サイト

新感線の新作情報きたー!かと思えば、まさかまさかの二本立て。
しかも二本とも古田さんメインだなんて、これはもう「観に行け」と天が命じているに違いない。

告知を見る限りでは、『リチャードⅢ世』では悪役系主人公、『蜉蝣峠』ではヒーロー系主人公ってことなんだろうか。
古田さんのリチャードⅢ世……うっわ極悪(褒めています
でもどちらかといえばやっぱり、いのうえ歌舞伎『蜉蝣峠』の方が楽しみだったりします。
両方観に行けたらいいんだけどなぁ。
大阪での公演予定日次第か……よし、とにもかくにも、まずは貯金せねば!






[ 2008/08/24 19:15 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後ぞ 澄み渡るべき

一晩たっても余韻が残っているのか、仕事中一人になる度によさこい節を鼻歌ってた自分、自重せよ。

さて、この熱が冷めてしまわぬうちに『IZO』感想いきます!
ネタバレ&郷土愛全開&しかも長いので、それでも良いよという方のみ、続きからどうぞ。


[ 2008/07/10 23:12 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

DVD届いたー!



天に飼われ、
天に捨てられ、
天に裁かれた犬。
その名は以蔵。
人斬り以蔵。


てな訳で、新感線プロデュース・いのうえ歌舞伎☆號『IZO』が届いたよイェーイ!
今からご飯食べながら観ます。
感想は疲れてなかったら明日にでも書きます。
土佐っぽ! 土佐っぽ!
ぉおおおお! テンション上がってきたーーーーー!!!







見終わった勢いで追記。

最後の締め方に脱帽。
そしてメインテーマに挿入されたよさこい節で涙腺決壊。

正直、見てる最中は
「あぁぁぁぁぁ! 以蔵の阿呆がぁー! 上士の奴らめー! 容堂のこん畜生がぁああああ!」と、
沸々たる苛立ちがこみ上げていたというのに……!
最後の締めでストンと落とされたというか。
つーか! いかん、いかんて……!
そのタイミングでよさこい節なんて流されたらちょっと……! うわぁああああああん!!!(滂沱

[ 2008/07/09 20:46 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。