ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイオSFと私

あまりにも帰るなり寝てしまうというパターンが続くので、この頃ずっと6時に起きて、余った時間で執筆している自分がいる……

健康的なんだか不摂生なんだかよく分からない生活ですが、忙しかったGW戦線も明日で最後!
明日の仕事が終わるなり夜行バスで実家に帰ります。
二日ほど音信不通になりますが、ご了承下さい~


さて、繁忙期も過ぎたことだし、ガシガシ創作やるぞ!
それにちょっと今、某サイトさんとこで予定されているSF系の企画が気になって仕方なかったりするんですよ。
執筆で参加するのは時間的に厳しいだろうけど、SFに関する薀蓄話とか、オススメSF作品とか、どしどし挙がるようなら少し覗いてみたいなーと。
自分のSF知識なんていい加減もいいとこですからね;
勉強できる場所があるならば、惹かれずにはいられない!というヤツで。

私の場合、スペースオペラやサイバーパンクやロボット系よりは、バイオSF・歴史SF・ワイドスクリーンバロックといった類の方が好きなんですよ。
(あ、でもロボット系は巨大ロボットが出るなら話は別です。巨大ロボットは心のオアシスだから)

その割りに、普段は何であまり語ろうとしないのかと問われれば、まぁ……知識が浅いからってのもあるけど;
一番の理由は、バイオSFが絡むと変態丸出しになるからです。
こういうニュースにハァハァ言ってるような人間だもの。
小学生時代に初めて自主的に書いた小論文の題材が『食虫植物の生態』だったり、高校時代の生物の授業で感動したのがタマホコリカビの生態と植物ホルモンの作用と細胞内寄生菌の存在だとか、今でもほざいてるもの(この時点でかなり引かれるであろう自覚はある

だから既製の作品などを楽しむ時なんかでも、どこかにバイオSF臭い要素がありさえすればそれだけで嬉しくなってしまうんですよね。
FFⅦだとか、萩尾望都先生の作品だとか、FSSだとか。
特に人造生命体というネタにはとことん弱いなぁ、うん。
自分の創作でも、このネタは必ず挟み込んでいるような気がします。

どうして好きなのかという事を語りだすと長くなってしまいそう(と言う以前にいい加減引かれる;)なので、その辺についてはまたいずれ、機会があればということで。
何か、勢いに任せて濃い話題を書きなぐってしまったなぁ;

ではでは、明日からしばらくはアッディーーーーオス!
[ 2008/05/05 21:57 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。