ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無限の牡蠣

今日は母方の親戚とその客とマイ家族とで、香川の2500円で焼き牡蠣食べ放題というツアーに行ってました。
道中で温泉に入り、メインの前にかま玉うどんを食べてと、割とあちこち道草をしながら昼過ぎに目的地に到着。

しかし長旅の疲れなど、目の前に現れた食材の山に比べれば些細なもの。
なんせ辿り着いた先には、ケース一杯の生牡蠣がドン!だもの。



それを10個20個と次々に鉄板へと投下し、蓋をして蒸し焼きにすること約4~5分。
蓋を開けるとそこには、一面にたちこめる潮の香りと、プリプリの身を覗かせる牡蠣が……!

そこから先は片端から剥いては食べ、食べては飲んでの無限連鎖でした。
今まで牡蠣は鍋かフライでしか食べたこと無かったんだけど、この新鮮な牡蠣を焼いて食べた美味さったらもう……!! 何なのアレ!?
プリッとした身を噛んだ瞬間、口の中に広がるあの濃厚な味わい!
フライや鍋の牡蠣が20個くらい束になってかかっても、あの焼き牡蠣1個の美味さには敵わないんじゃないか。
とにかく、それくらい美味い!!

2時間でたらふく食べたあの量も、今までに食べた一生分の牡蠣より多いんじゃないかと。
おのれ、父め!母め!
私が京都にいる間に、こんな美味いものを毎年食べてたのか!
来年も絶対食いに行くぞー!ウッシャー!!

でもさすがに今年はもう、牡蠣は食べなくて良いかも;(食い過ぎ
[ 2009/11/11 23:19 ] 旅記録 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。