ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

書籍化かぁ……

『四国四兄弟』が書籍化すると聞き、素直に喜びたいものの『ヘタ/リア』の二の舞にはなって欲しくないと思ってしまう、哀しいファン心理。
(ヘ/タリアもね、作品自体は好きなんですよ。嫌なのは儲け根性丸出しの某社と、頻繁にイベントで問題を起こす一部のファンなだけで)

紙媒体になって布教しやすくなって、ファンが増えるのは嬉しい事だけど、 すでに内容が四国メインじゃなくて、ただの都道府県擬人化マンガとして売り出すのが決定しているっぽいのも何だかなぁと。
いやまぁ、四国以外のキャラも好きだから良いんだけど、基本的に『四国四兄弟』は四国以外には知られていないであろう四国四県のつかず離れずな関係をメインに描いているから貴重なのではないか?
それを全都道府県を満遍なく(と言いつつ、どうせ東京とか大都市を抱える県の出番が倍増するんだろうな)と編集がテコ入れするのってどうなんだろうねーという。

趣味の範疇を越えた「売れる商品」としてプロデュースするからには、仕方のないことなんだろうけど。
とまぁ、後々になって言いそうな愚痴は今の内に吐き出しておいてと。

何はともあれ、「夢の架け橋」編は収録されるようなので、あの格好良い高知がいつでも読めるようになるのというのは実に素晴らしい(オイ
書き下ろしでも、高知の出番がありますように!
[ 2009/09/26 08:54 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。