ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未完の伝説

今日は先日言ってたモーツーの特別付録を入手したので、その内容の破壊力(主にマーラーとかマーラーとかルシフェル兄さんとか)について語ろうかと思っていましたが、訃報により自重ということで。

何度も癌手術を受けられていた訳だし、今年辺り危ないんじゃないかとも言われていたので、晴天の霹靂とまでは思いませんでしたが。
それでもショックなものはショック。
なまじグインのアニメ放送中に、しかもあれだけ続いた原作の全ての謎を明かさぬまま未完で終わるというのは、ご本人からすればさぞかし無念だったんじゃないかと。

「お疲れ様でした」と言うにはあまりにも早い。
それでも、私にとっては終生、偉大な方であることに違いはない。

栗本薫先生のご冥福を、心からお祈り申し上げます。


こうして未完の作品を残したまま亡くなられる先人達を見送っていると、いつも「自分は死ぬまでにどれだけの小説を書けるだろうか」という焦りと不安が募ります。
そりゃ仕事で書いている人間と、たかだか趣味で書いている人間とでは次元の違う話ですが、アレもコレもと書きたいネタばかり溜まっているくせに、一つの作品を未だ完結できずに8年も書いている我が身を省みると、情けなさで脳天唐竹割りでも喰らわせてやりたい衝動に駆られます、切に。

だったら今書いているヤツを早く完結させよう。
そんでもって脳内に蓄積しているアレもコレもを書ききってしまおう。
せっかく好きなように書けるんだったら、なおさら悔いは残せないよと。
かつて故・吉田直先生が亡くなられた時の心構えを今更ながらに思い出し、ちと熱くなっている矢車でした。
よーし! 完結まであと残り17回ー!
[ 2009/05/27 23:14 ] 小説 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。