ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SF伝奇熱 継続中

2月3月における飲み会&卒業旅行の予定の帳尻合わせと、春からの新居探しに奔走していて、地味に忙しい日が続いています。
来週は学科の友人ズと加賀に卒業旅行しにいくので、それまでに『儚人』第22回をUPしたいのですが……現時点で完成率70%というこの状況。
仕上がるのかな? どうかな?
2月にずれ込んだらゴメンナサイ(早ッ

あ、バトンも頂いていますが、第22回の完成に合わせて消化したいと思うので、ちょっと回答遅れます。
重ね重ねスミマセン、本当に;



ところで、今日は『獣神演武』の第二巻が発売されたのでさっそく買ってきたのですが、その至近距離に“SF伝奇”なんて文字があったので、つい衝動的に『混沌の城』も購入。

混沌の城(1) (BLADE COMICS)混沌の城(1) (BLADE COMICS)
(2008/01/10)
松葉 博

商品詳細を見る

夢枕獏さんのSF伝奇ものはまだ読んだことなかったので、どんなもんじゃろーと思いつつ読み進めていたら、螺力の設定部分がグレンラガンの螺旋力とドンピシャなまでに合致していて思わず吹いたという。

や、『混沌の城』の方が初出1988年なんだから、先行といえば先行なんだけどさぁ……!
金沢の地下に顔だけのロボットとか埋まってなくて良かったー

とりあえず続きが気になったのでさっそくブックオフにて原作もゲット。
さっと流し読みしてみた感じでは、「これ漫画版ではちゃんと伏線回収してくれるのかな……?」という印象でしたが。
ものすごく未消化な状態で終わっているよ、この作品;
(あと、ラスボスがこの時代の伝奇小説ではもうおなじみのあの人だったので、ああやっぱりねという)


それにしても、昨年のDシリーズ漫画化以来、SF伝奇ブームの再燃が一向に収まらなくてどうしようという。
38ヶ国語に精通しているくせに現代日本語が読めない、元リアル平安貴族妖怪の紅虫さんが活躍する某漫画の4巻発売はまだですか?
手紙の時候の挨拶をおろそかにすると、机を踏み割られた挙句に絞められるよ!
みんな、気をつけろ!

退魔針紅虫魔殺行 3巻 (3) (MFコミックス)退魔針紅虫魔殺行 3巻 (3) (MFコミックス)
(2007/12/22)
菊地 秀行

商品詳細を見る


[ 2008/01/23 22:45 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。