ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛なき「怪物」達の往く先は  Part1

今年こそは積極的にブログを有効活用しようと思いリニューアルしたものの、原稿を書いたり映画を見たり英語の勉強をしていたりベネさん情報をおっかけていたりと、慌ただしくも充実した生活をしていたらあっという間に2月が終わろうとしているだと…
何故だ……(ほとんど一番最後のヤツが原因)


と、これまた久々の投稿――しかも一旦過去の日記をお掃除してからは初の浮上になります、矢車です。
3月末のそうさく畑に向けて、『Star Gazer』第3巻の原稿もとっとと進めねば~なのですが、どーーーーーーーーーーしても感想を書き殴りたい物を見てしまいましたので、ちょいとばかし荒ぶらせて頂きたく。


そう!!! 『SHERLOCK』にハマって以来、すっかりベネさんことベネディクト・カンバーバッチ氏のファンになってしまった私にとって、念願も念願…!!
ベネさんとジョニー・リー・ミラーのW主演の舞台、『フランケンシュタイン』が日本で上映されるなんて奇跡が起こってしまったもんだからさぁ……!!!!

第一報を聞いた時から、常時足元5センチは浮きっぱなしになる勢いで喜び舞うほど嬉しい今回の事件。
お芝居好きとはいえド田舎暮らしの為に、生の舞台を見る機会にはなかなか恵まれず、ましてや舞台の本場イギリスの過去の演目なんて、現地に飛んで行ってシアターのアーカイブスにでも行かなければ見れないと知り、英語難民な自分は「そんなん可能性があるとして何年後のお話になるやら……_(:3」∠)_」という心地だったんですが、それが!!!

そのイギリスのナショナルシアターのお芝居が!!
しかも、ベネさんがジョニリと共に英国演劇賞の最高峰、ローレンス・オリビエ賞を獲得したというあの『フランケンシュタイン』が!!!!!
日本で!!!字幕付きで!!!!見れてしまう!!!!!!!

やぁ~…… 念じていれば奇跡ってなぁ、起こるもんなんですな……
それもこれも、日本でのベネさんの人気が上昇したが故。ありがたやありがたや…

このナショナルシアターのお芝居を映画館で上映する企画は、『フランケンシュタイン』以降も続々と予定されているようなので、応援もかねて――いや、それより何より「うぉおおおおおおお!!!!『フランケンシュタイン』見せろぉおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」という昂ぶりをば抑えきれず、この私もまた、はるばる高知のド田舎から大阪にまで足を運んで見に行きましたという次第。

でな訳で。

すっかり前置きが長くなってしまいましたが、続きから『フランケンシュタイン』(ベネ博士・ジョニリ怪物Ver.)の感想をばいきます。
がっつりネタバレなので要注意!!




スポンサーサイト
[ 2014/02/19 11:24 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。