ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巌窟王はレクター博士と出会い、蛮神をかたる幽鬼と化すか

大阪遠征でほぼ日手帳をゲットし、ついでに初生ガキも体験☆
ひさびさに贅沢をした一日でしたが、時間が経っても興奮冷めやらぬのが『蛮幽鬼』!

てな訳で、相変わらず愛ゆえにアホみたいに長ーーーい感想ですよ~
最初からネタバレ全開で行きますのでご注意をば!



スポンサーサイト
[ 2009/11/27 23:05 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

無限の牡蠣

今日は母方の親戚とその客とマイ家族とで、香川の2500円で焼き牡蠣食べ放題というツアーに行ってました。
道中で温泉に入り、メインの前にかま玉うどんを食べてと、割とあちこち道草をしながら昼過ぎに目的地に到着。

しかし長旅の疲れなど、目の前に現れた食材の山に比べれば些細なもの。
なんせ辿り着いた先には、ケース一杯の生牡蠣がドン!だもの。



それを10個20個と次々に鉄板へと投下し、蓋をして蒸し焼きにすること約4~5分。
蓋を開けるとそこには、一面にたちこめる潮の香りと、プリプリの身を覗かせる牡蠣が……!

そこから先は片端から剥いては食べ、食べては飲んでの無限連鎖でした。
今まで牡蠣は鍋かフライでしか食べたこと無かったんだけど、この新鮮な牡蠣を焼いて食べた美味さったらもう……!! 何なのアレ!?
プリッとした身を噛んだ瞬間、口の中に広がるあの濃厚な味わい!
フライや鍋の牡蠣が20個くらい束になってかかっても、あの焼き牡蠣1個の美味さには敵わないんじゃないか。
とにかく、それくらい美味い!!

2時間でたらふく食べたあの量も、今までに食べた一生分の牡蠣より多いんじゃないかと。
おのれ、父め!母め!
私が京都にいる間に、こんな美味いものを毎年食べてたのか!
来年も絶対食いに行くぞー!ウッシャー!!

でもさすがに今年はもう、牡蠣は食べなくて良いかも;(食い過ぎ
[ 2009/11/11 23:19 ] 旅記録 | TB(-) | CM(0)

やはり奴は鬼だった

大正帝都を破壊し未来の歴史を修正しようと目論んだ、はた迷惑な四十代目と変形巨大ロボを倒したことで、超力兵団も何とかクリア達成。

そのままメガテン3マニクロをやり始め、早一週間が経過したものの、超力兵団よりかなり上な難易度に若干足止めを食らってます。
のおぉぉぉ……MPがすぐに減るよ!
でもチャクラドロップ1個で600マッカもするよ!
約6~8回戦ってようやく1個買える値段ってオイ!?

しかし何だかんだ言いつつようやくマントラ軍本部に辿り着き、念願の対ライドウ第1戦もようやくクリア。
ゲーム開始当初から、通行人との会話で「さっき黒い猫を連れた美少年を見たよ」とか言われてたり、病院を抜けてすぐのムービーで登場したりとテンション上がりっ放しでしたが、いざ対決イベントに入ったらもうね。

格好良すぎて悶えたじゃねぇかこの野郎ー!!

登場シーンのムービーとBGMが反則的に格好良いんですがちょっと!
(もともとBGMはダンテ用に作られていたものだから~というツッコミはさて置き)
まさかのモコイさんサービスも嬉しかったし!
うおおお! マニクロ買って良かったー!

と、喜び浮かれていたのもつかぬ間。

実際の戦闘ではゲーム開始以来、最大の苦戦を強いられたという罠。
……えーと、ゴウトさんは確か「殺すな」って言ってたよね?
全力で殺る気満々じゃねぇか、この十四代目。
さすがは笑顔を浮かべながら人を酒瓶で殴る美少年。

自分が連れていた仲魔はゲンブ(会心・反撃・ラクカジャ持ち)・マカミ(スクンダ・メディア持ち)・キクリヒメ(メディア・ディアラマ持ち)だったけど、ヨシツネのクリティカル率の高さが半端ない上に、中盤からは防御力を上げようものならゴウトさんの挑発で容赦なくダウンさせられるという始末。
もうやめて! 人修羅の防御力はとっくに0よ!
正直、人修羅とゲンブに反撃つけてなかったら初ゲームオーバーしてた;
分かっちゃいたけど、あの子は鬼です。真性の鬼です。


さて、次にライドウに会えるのはアマラ異界の第3カルパか……
果たして今のこの調子で、あの地獄の鬼ごっこをこなすことが出来るのか自分;




(おまけ)
ところで、ライドウ関係の動画を漁っている時に見かけた↓の動画が原因で、こないだからずうっっっっっと仕事中にマサルさんOPが頭の中で自動再生されてしまうんだが、どうやったら止めることができるのだろう。


[ 2009/11/02 00:14 ] ゲーム | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。