ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9本集めれば願いが叶うねこじゃらし

馬鹿な……10月があと1週間で終わりだと!?

という訳で、今月はこれ含めて5件しかブログ記事を上げていないことに気付き、今更ながら「少し頭冷やそうか」と我に返った矢車です。
ここ2週間、ハロウィンなんてどこ吹く風で延々とライドウをプレイしていました。
もはや自分でも呆れるくらいのどハマり具合です。
この2週間の主な記憶なんて、仕事してるか飯食ってるかライドウやってるかのどれかしかないよ!
……駄目だ、駄目人間すぎる……orz

しかもそれに輪をかけて、遂には同人通販にまで手を伸ばしたという有様です。
もうそれくらい今ライドウシリーズに飢えています。
でなくば誰が、今や定価の3倍にまで値段高騰した超力兵団公式ファンブックなんぞ買いますか!
中身が美味しい情報満載だったから、結果オーライだけどね!
あと公式から出ているので手をつけていないのはCDドラマとアンソロだけなんですが、アンソロは超力兵団をクリアしてから買うとして、CDドラマは声のイメージを付けたくないからという理由で二の足を踏んでいます;
ライドウ杉田さんかぁ……ジョージ氏のゴウトさんはむしろ聞いてみたい気もしますが。
あと声優の問題だけじゃなくて、やっぱりライドウの世界観というか、あの大正帝都の町並みや、時たまグロい異界の光景を見ながら楽しむのがライドウという作品の醍醐味だと思っているので、音だけだとやっぱし物足りなくなるんじゃないかなーという戸惑いもあったり。
小説版は風景描写なんかで想像できたから良いんだけど。

ゲームの方はアバドン王をカオスルートでクリアし、現在は超力兵団の第拾話まできています。
本来ならアバドン王の2週目に進み、あのストーカー閣下をいっぺんしばいておくのが筋なんだと思いますが、ぶっちゃけアバドン王で一番ときめいたイベントが偽ライドウもとい雷堂再登場だったというこの凡愚は、雷堂関係の絡み見たさにそのまま超力兵団プレイに突入した次第です。
……あんな美味しい公式設定持ち(幼少時代から修行漬けだったため、感情表現が苦手で無口・でも好物は蜜がたっぷりかかった大学芋・しかし笑顔で人を酒瓶で殴る、切れやすい日本刀のような十代・そんな美少年)の主人公に、平行世界のもう一人の自分(ただし顔に傷がある・おまけに口調が古臭い、一人称が我・ていうかよく喋る)なんてネタ投げてくるんじゃないよアトラァァァァァアス!!
思いっきり釣られっちまったじゃないかぁあああああ!!!(←馬鹿

そんなウフフアハハな状態で第九話を堪能し、当初の目的も果たせたという事で今は(1週間前と比較して)幾分か飢えも落ち着いてきていますが、年明けにある大阪冬の陣はほぼ間違いなく、ライドウ本を求めて徘徊しに行くと思います。
もう本当に、今ならライドウ関係片っ端から買ってしまいそうで怖いよ……!
超力兵団クリアして、メガテン3マニクロでライドウ仲魔にして、アバドン王2週目とかやってたら余裕で年越しそうだしね。
(あ、サイト小説のことも忘れていませんよ……念の為;)

って、何かもうライドウ関係の事ばかりマシンガントークしてるよ我。
久々に浮上しておいてこんな話題ですみません。
去年のエルゴにハマった時といい、相変わらず抑制のよの字もない管理人です;
最後にこれだけ紹介して今回は自重しておこう、ウン。



相変わらずニコ動は野生のプロが多すぎですね。
でもこの動画一番の見所は、一瞬だけ映るヌエたんの存在だと私は主張したい。
ライドウに出てくるヌエたんの可愛さは異常。
鵺スキーとしては放って置けない、というかゲーム中でも必要ないのに常に召喚して連れ回してますがね!
スポンサーサイト
[ 2009/10/26 22:34 ] ゲーム | TB(-) | CM(0)

猫じゃありません ゴウトです

お久しぶりな矢車です。またまたしばらく日記が空いてしまいました;
それというのも、先週木曜までは普通に過ごしていたんですが、金曜日に『デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王』を購入してからというもの、今日が連休になったのを幸いとぶっ続けでプレイし、すでに28時間を経て第5章に突入するという半ば廃人と化しておりまして。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王(初回生産版)(葛葉ライドウ対アバドン王 サウンドトラックCD同梱)デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王(初回生産版)(葛葉ライドウ対アバドン王 サウンドトラックCD同梱)
(2008/10/23)
PlayStation2

商品詳細を見る


誰がどう見ても完全にどっぷりハマってしまいました。
それはもう、日頃のネット巡回さえ忘れるほどに。
(↑あとちょっとでこっそり飼っているリブリーが飢え死ぬところだった。ヤバイヤバイ;)

や、前々からね、絶対好みだろうなーって予感はしてたんですよ。
だからあえて手をつけようとしなかったのに……仕事関係でムシャクシャとはいかないまでもムシャッとしていた所に、安値で売られているのを発見してしまったのが運の尽き。
今や楽しすぎて他の事に全然手がつけられなくなっているという始末です。
ゲームする暇ないとかほざいてたのはどこの誰でしょうね……いや本当にスミマセン;
ひとまず1週目をクリアすればこの熱もちったぁ落ち着くと思いますが、こりゃ前作も間違いなく買ってしまうな。ていうか買う。もう決定。
雷堂って何だよ平行世界って何の事よ!?
気になって眠れないじゃないかー!!

という訳で、まだしばらくはライドウ熱が真っ盛りな為、ネット界から離れます。
原稿は……11月末までには上げたいな、ウン(いっぺん逝っとけ
あ、頂いているメール等はまた明日にでもお返事させて頂きますので……!
ひとまずそれだけは伝達をば。


ところで、pixivでイラスト漁りをしていて初めて知ったんですが、ファミ通公式サイトでライドウのweb漫画連載やってたんですねー

http://www.famitsu.com/b_comic_re/se_raidou/

ていうかこのweb漫画、画力クオリティ高ッ!!
ライドウって本当に学校通ってたんだ!?(コラ
ああもう! ハタキだのねこじゃらしだのに抗えないゴウトさんが可愛いすぎるんじゃー!(悶絶
話の内容はアバドン王以降のものだけど、ゲーム本編も3作目作ってくれないかなー
いやまだアバドン王クリアしてない人間が言うのもあれだけど;

う~ん、いかんわ。
こりゃ今年のハマリものランキング1位最有力候補だな……
[ 2009/10/12 22:55 ] ゲーム | TB(-) | CM(0)

初秋? いや、まだまだ暑いよ!

中秋の名月の前に誕生日ケーキ食べるって、何か違和感があるなぁと思いつつ。
実に5年ぶりに、実家にて誕生日を迎えました。
さすがにこの歳になるとロウソク立てるのもなーという訳で、ケーキも小さめの苺タルトケーキ。
でも大抵この時期だと苺がないので、自分の誕生日ケーキに苺が乗っていることなんて滅多になかったもんだから、小さくても今回のケーキはちょいと嬉しかったり。
ありがとう母よ(拝み


さて、誕生日ネタ繋がりという訳ではないんですが。

昨日、ようやくこの夏話題のアニメ映画『サマーウォーズ』を観に行けたんですよ!
わーい! 他地域じゃもうとっくに放映終わってるけどねー!
高知で放映開始したのは先月26日からだぜチックショー!(泣
まぁ、高知県はまだまだ日中最高気温30℃超えてるから、余裕で残暑なんだが!
(高知県は基本的に昼夜の寒暖の差が激しいので、春秋のほどよい暖かさor涼しさなんてものはまず存在しない)

原作を読んでいて、何となく誰が未来人なのか分かってしまった『時をかける少女』と違い、今回は一切ネタバレ情報を仕入れずに観に行ったんですが。

いやぁもう、相変わらず良い仕事してるなマッドハウス!!

冒頭のフルCGで描かれた電脳仮想空間の緻密さに度肝を抜かれ、続いて描かれる上田の旧家・陣内家での一幕に和み、突如健二に届けられたミステリアスなメールから始まった一大事件に一気に引き込まれ、とにかく展開に目が離せない。

それでいてあれだけ大勢の人間を登場させていながら、一人一人キャラクターが立っているのがまた凄い。
特に、栄お祖母さまの貫禄と優しさを兼ね備えた強さには惚れざるをえないし、カズマの戦いぶりは格好良いことこの上ない!
ラストの花札勝負で一族一丸となって挑む所もね、そう来たか!と思いましたよ。
まさかあれが伏線だったとは……!
しかし個人的に一番頑張ったと思うのはやっぱり健二ですね。
最初の印象こそ押しに弱く、状況に流されがちなヘタレ少年てな感じだったのに、ラストの限界を超えた暗算には笑いを通りこして驚嘆しましたよ。

シリアスそうな展開でもコミカルさを失わず、かつここぞという所では燃える様な熱いバトルや、ジワリとくる切ない場面をも挟み込んでくる。
2時間であれだけ笑えて泣けて興奮できるなんて、本当に美味しい思いをさせていただきました。
ありがとう、マッドハウス!

きっと2回目を観た時も、あの栄お祖母さまの手紙でまた泣いてしまうだろうなぁ……
家族って大切だよ、うん。
自分も今日しみじみ思ったよ。



[ 2009/10/01 23:13 ] 映画 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。