ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロット構築ねるねるねるね

『儚人』第二章が完結して「やったー!遊ぶぞー!」モードになっていたはずなのに、気を抜くと脳内が最終章祭と化しています。
とは言え、まだ執筆ゲージ上がりきっていなくって、細かいプロットをコネコネしている段階に過ぎませんが。
最終章でようやく登場する新キャラとかいるからねぇ。
早くそいつらとメインキャラクター達を絡ませたくって内心ウズウズ。

ちなみに最終章序盤の見所は、
・第二章で全く出番のなかった某キャラの意外な秘密が明らかに!
・事実上の頂上決戦! 13対1の死闘!
・隠し子発覚!? 真ヒロインはまさかの幼女!?

てな感じになる予定です。

それと、最終章中盤からはSFファンタジー全面解禁のつもりでいきますので、純粋な和風ファンタジーをお求めの方には申し訳有りませんが、あまりお楽しみ頂けないかもです;
まぁ、元々初めから真面目に和風ファンタジーなんかしてなかったやんけ、と言われてしまえばそれまでだけんど。


さて、前置きはこのくらいにしておいて。
続きから(完結の喜びと解放感からすっかり忘れていた)第30回ネタバレ有り解説語りいきます。


スポンサーサイト
[ 2009/08/30 20:26 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(1)

とどのつまり

どうして今回は一話分にまとめきれなくて前後編に分けるような羽目になったかというと、最大の原因は、

・前回辺りで一度プロットを変更したせいで、書くべき情報量が増えてしまった。
・ぶっちゃけ閻王に好き勝手させ過ぎた。

この二点にあるような気がしてきました。
前者はストーリーの都合上だったからまだマシとして、後者は本気でどうにかならんかったんかいっていう;
手綱を引こうにも、書いてる本人が楽しすぎてブレーキが利かなかったというか。
本当はもう5000字くらいド外道っぷりを書きたかった……でもいい加減引かれそうだったから止めた(byネウ●
何と言うかもうそんな感じで。そりゃ文字数かさむ訳だよ!

でも今回の話では、そんな閻王をあげな目にあわせといて終了。
結局一番のドSは彼女だったというオチで。
さーて、最終章は悪女パワー全開でいくぞー!

あ、それと質問されるかもしれないので先に解説をしておきますが。
今回の時と第19回の時とでは、八佗の戦い方は違っています。
冽が指摘していたように、彼自身の力では鉄忌の外殻に傷を与えることはできません。
じゃあ何で第19回では鉄忌を倒せていたのかというと、鉄忌は単に八佗の戦い方を知らなかっただけで、彼の手の内を知っている冽にはその手段が使えなかったので、ああいう行動を取ったという訳です。
本来なら第二章中に八佗の戦闘シーンも詳しく書きたかったんですが、尺の都合でこれも次回以降に持ち越しとなります。
あーもー、どこまでメタメタなんだ今回の更新分……orz

第二章完結に際して、語りたい事はまだまだ積もり積もっていますが、そろそろ時間なので今日はこの辺まで。

↓続きから拍手お返事です。

[ 2009/08/29 00:19 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

封 印 解 除 !

お、終わった……!

『儚人』第2章完結したよ!!

やっと公開できたよ万歳ーーー!!!


いやもう、本気で長らくお待たせしました;
遂にと言うかようやくと言うか、『儚人』第30回UP完了!
第2章開始が2007年1月のことだったので、約2年7ヶ月を経てようやく完結、か……
次回からの最終章が完結する頃には、一体何年が経過していることやらねー、フフフフ……(遠い目

何はともあれ、ここまで書き続けてこれたのはひとえに、鈍亀更新にも関わらず作品を読んで頂いた読者の方々がいてくれたからこそな訳で。
連載当初からお付き合い下さっている方々も、そうでないただの通りすがりの方々にも、心からの感謝の気持ちでいっぱいです……!
本当にありがとうございます!


さて、肝心の最終章開始はいつかという事ですが。
予定では秋も半ばになった頃に再開したいなーと思っています。
その前にこのメタメタな第二章の反省点について、猛省しないとね……うん;
第二章完結ということで、語りたい事も多々有りますが、それはまたおいおい暇がある時にでも書いていくとして。
まずは何よりも。

これで諸々の封印解除だー!
よっしゃー! うみねこep5やるぞー!
録り溜めしていたビデオや、積み本に積みゲームに積みバトンも消化していくぞー!
ネット引き篭もりからオサラバじゃー!
ドット絵も打ちまくるぞー!


と、これを書いている今現在も解放感に浮かれきっているので、頭がもちっと冷静に戻るまでしばしお待ち下さい。
フフ、まずは祝杯を挙げねばな。
恵比寿ビール恵比寿ビールと……(ゴソゴソ
[ 2009/08/26 22:23 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

人生のシナリオはいつだってフリー♪

(前回までのあらすじ)

大阪夏の陣と海遊館――この夏最後のビッグイベントを終え、後は8月の終わりまでに連載小説の第二部を完結させるというマニフェストを果たすのみとなった、日本の中の独立国にのほほんと暮らすごく普通の(ここ強調)一般市民こと矢車。
だがしかし、定休を前にして帰宅した彼女を待ち受けていたのは、すでに5月中旬からその到来を約束されていた、強力にもほどがある刺客だった……!




ねんがんの SaGaシリーズ20th記念 サントラBOXを 手に入れたぞ!

という訳で、待ちに待ったこの夏最後のお高い買い物こと、歴代サガシリーズの名曲500を詰め込んだ特製CD-BOXが遂に届きました!

このタイミングで届いたのは幸運と言うべきか(燃料的な意味で

それとも悪魔の仕業というべきか!?(作業妨害BGMという意味で

何にせよ、開けて即行でCD収納BOXを組み立て始めた辺り、完全にスクエニの手玉に取られているのは確か。
ああ、オイラの中の図画工作を愛する血が勝手に……!

とはいえ、この歴代サガキャラクターが集ったイラストボードや、 自分で組み立てられる可変式収納BOXも勿論ですが、何よりまだ入手できていなかったシリーズのBGMを聞けたという嬉しさといったらもう……!
GB音源すら聞いてて落ち着く心地よさ。
スクウェア音楽大好きだーーーーー!!

FF、SaGa、聖剣、LAL、クロノ、ゼノギアス……
自分は特に90年代のスクウェア作品にどっぷり漬かっていた身なので、好きなBGMも大概この時期に集中していたりするのですが、SaGaシリーズは一にロマサガ3、二にミンサガだったりします。
ロマサガやる機会もなく、ミンサガを先にプレイしたからってのもありますが。
でも好きなんだよミンサガ……
デス兄さん戦BGMとか、熱情の律動なんて文句なしに名曲だと思うんだ。

さて、これ以上ない宝物も届いたことだし。
いくぜラストスパート!
[ 2009/08/25 23:58 ] ゲーム | TB(-) | CM(0)

紆余曲折の末

試しに一度キリのよさげな所で分割して推敲してみたら、全体的にバランスが良くなったような気がしたので、『儚人』第30回は前後編に分けて掲載することにしました。

と言っても別々にUP等はせず、公開する時は合わせて掲載するつもりです。
だってそうしないとサブタイの「死の抱擁」の意味が繋がらなくなっちゃうし;

なので、更新まではもう少しだけお待ち下さい。
大阪行って帰って、8月が終わるまでにはUPできる、はず……!(またそんな事言って

でも本当はやっぱり、いまさら前後編とかしたくはないんですけどね;
予定している話数の関係もありますが、一度それを許したが為にその後もどんどん話がズルズル長くなり、いつまで経っても終わらなくなるんじゃないかと心配になるんですよ。
その為の「基本一話分10000字」の縛りルールだったのに……
ああ、本気で反省会しないとな、こりゃ。
なーんで長くなるかなぁもう!!(涙


↓続きから拍手お返事です

[ 2009/08/22 01:20 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

反省会確定だね

その後の執筆進行状況。

何とか全体の95%くらいまで書き終わることができました。
あともう少しって所なのですが、現時点で字数が案の定、22000字に到達しました。

……うん、これはもう絶対、書き終わる頃には25000字超えるね。
通常基本にしている文量の約2.5倍だね。
ワハハハハハハふざけるな(※自分に対して

ちょっとこう、あまりにも長いのでいっそ同じ第30回内で前後編に分けるべきかと、真剣に考え出しているような状況です。
ただでさえ最近、回を重ねるごとに長くなっているのに、今回で25000字は……ないだろオイ;
ひとまず書き終えてから、全体のバランスや読みやすさを考慮した上で、分割するか一回分にまとめるかを決めたいと思います。

うん、そうだね。
何はともあれさっさと書くだけ書いてしまおうね、自分……ファイッ!



続きから拍手お返事です↓

[ 2009/08/20 00:53 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

時間が加速する~

そういえば、東京では今日から夏コミですね。
炎天下の中、参加される方々もスタッフ様方もお疲れ様です。


と、それはそれで置いといて本題。


『儚人』第30回が、書いても書いても終わらんとです。

ようやく「やった! あと残り20%くらいじゃね!?」と思った時点から早一週間が経過し、気付いた時には現時点で15000字オーバー。
内容の進行度的にはやっぱり残り20%のままっていう。

己のペース配分の出来なさにちょいと泣けてくる今日この頃です。
ああ、本当にあと少しなのに……つか、もう20000字超えちゃっても良いでしょうか。
この辺で書きたいことを書ききってしまった方が、今後の展開としてもスムーズに動くような気がするし。
(や、その前にこれ、下手すると25000字いっちゃうかもしれないけど;)

そんな訳で、「よさこい過ぎたけど執筆どうなってんの?」的な近況報告でした。
明日の仕事なんて、余所がお盆で発注少ししか入らないんだから、夕方にはシュパッと帰れたら良いのにな~
[ 2009/08/14 23:40 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

進行状況報告

今度の水曜休みに、例の妖怪展に行く事と相成りました。
朝6時ごろの汽車に乗ってバヒューンと京都に行き、17時頃の電車に乗ってこれまたドヒューンと戻ってくるという、強行日帰りプランです。
でも予想していたよりも自由時間は多いぞ! やったね!
約半年ぶりの京都の空気を、思う存分吸ってきます。
うおおお! 楽しみだ~♪




ところで、お前小説の進行状況どうなんだっていう話ですが。

8月頭にはUPできるかなと思っていた『儚人』第30回。
スミマセンもうちょっと遅れます……!

や、もう一番キツイ所を抜けたので、後はサクサク進む、はず! 多分!
お待たせしている方々には本当に申し訳ない限りですが、あと少しだけお待ち下さいorz
よ、よさこい祭までにはUPできるよう努めますので……!
だってよさこい始まったらもう原稿どころじゃなくな――うわ放せ何をすr(略
[ 2009/08/03 00:19 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

ガンダム大全・最終夜

BSで連続放送していたガンダム大全。
ZとZZ特集回はチラ見程度でしたが、今日は逆襲のシャアを丸ごと放送という美味しい最終夜だったので、ご飯が終わってから家族で齧りつく様にして見てました。
(ただしハイビジョンTVを置いてある台所には扇風機しかないため、 クーラーの利いた部屋を求めた父のみ自室で鑑賞)

ものすごーーーく久々に見た気がするんだけど、割と話を覚えていた自分偉い。
しかし、見ている間に 「やはりサザビーとνガンダムのおじさんのデザインは素晴らしいね!」 という話題で母と盛り上がっていた所、一番下の妹から素朴な疑問が。

妹2「……何でνガンダムがおじさん?」

矢車「……え、何で知らんの?」(オイ

SDガンダムシリーズでは、νガンダムは「νガンダムのおじさん」と呼ばれており、幼少期にSDガンダムを見まくっていた矢車と妹其の一は、もはやνガンダムに「おじさん」を付けて呼ぶのがデフォルトとなっているのだ!

と、「そもそも何でSDでおじさんと呼ばれているのか」という根本的な疑問点はさて置きな解説をし、引き続き逆襲のシャアを見る一同。
その間、νガンダムのおじさんが登場する度に「おじさん出た! おじさん出た!」とはしゃぐ我を見て、母は何を思ったのか。

母「アンタが将来結婚するなら、そのネタが分かる人やないといかんのか……」

矢車「待って、そんなにハードル高いのコレ?」

いつの間にか会話がそんな方向に発展。
や、でもまだνガンダムのおじさんは分かるでしょう。
そりゃ欲を言えば「忍法むささびの術ー!」とか、「もうこれで首を横には振れますまい」「さぁ、縦に振るのです!」とか、「サザエのサザビー」とか 分かる人間の方が良いけどさ。
ていうか、最低限これが通じなかったら、我が家とどうやってコンタクトを取れっていうんだ!?
オイラその気になったら妹其の一と組んで、コロニー転がる話とガンダム伝説はBGM・効果音・台詞の全てにいたるまで完璧にそらで言えるってのに!

矢車「その情景が全く分からない人間と付き合うのは、ちょいと辛いなぁ……」

母「うーん、難しいねぇ……」

そんな事言ってるが、母は良いのう。
幼い我と妹1を祖母に預け、父と2人でこの逆襲のシャアを映画館に直接観に行ったんだからな。


ちなみにその父はと言うと。

映画本編が終わり、インタビュー内容が次回作のユニコーンの話題に移った所で、

「ミネバ様が釣り目っぽくなって、あんまり可愛くなくなってる!」

などと叫びながら部屋から飛び出してきたという。
しかしその後、実際のアニメ絵ミネバ様の目が丸っこくなっているのを確認すると、 「うむ、可愛くなったので良し」と、満足気に再び自室の要塞へと帰還。

ああ、今日も我が家はいつも通りだ(遠い目
[ 2009/08/01 01:02 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。