ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

終わりが欲しいこの懊悩

次回以降の展開用に、作中での時系列を整理しようとしたら面倒くさくて眠くなってきた件について。
や、本編はちゃんと書いてます。ガシガシ書いてますよ。
またもや主人公不在回となりますが、その分蛍が頑張ってくれています。
登場人物の平均年齢がまた一回り高くなった気がするけど、もう気にしないという方向で;

それにしても、最近は現在進行形の第二章を完結させるよりも先に、第三章の内容が頭の中をグルグル回っているので非常に困っています。
まぁ、そろそろ伏線を張るよりも回収がメインとなる段階に入ってきているので、その最終調整も兼ねての気持ちのフライングなのかなーと。

あー、早く何もかも暴露して楽になりたい……
そんでもって、次はどこかベクトルの向きがおかしい学園伝奇っぽい話でも書いてみたいです。
や、その前に残星も折をみて更新しないとな;

課題は山積み。ゆえにヘバってなどいられねー!
かかってこいやー! お盆・夏の陣めー!


(以下はついでのネタ語り)

スポンサーサイト
[ 2008/07/31 00:38 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

遠神恵賜

結局、復刻版パンフレットと音響の良さと某Sさんの感想に誘惑されて、『攻殻機動隊2.0』を大阪まで観に行ってしまいました。
と言っても、朝の8時から出発したというのに途中で一本電車を乗り間違え、難波駅に着いた途端大雨に降られ(ってまたこのパターンかいッ!)、本編開始5分前に滑り込みでシアターに入り、終了後になんばパークス内をうろちょろしつつも2時には帰るという、ちょっとした強行軍となりましたが;

いやしかし、わざわざ観に行ったかいはありましたよ……!
フルCG化された冒頭部分の映像見た瞬間、鳥肌立ちましたもの。
監督が「劇場で見て欲しい」と言ってた理由が分かるような気がしました。
CGで描かれた大都市や、ネット世界の表現。
あの広大さを実感するのに、家庭用のTVではとても物足りないと悟りましたね。

音声も、今回のリテイクではガヤの会話が増えてたし、各キャラクターの台詞も13年経っているとは思えないほど自然なのに、演じる声優さんの深みが増しているというか、こなれているというか。
噂の榊原良子さん(ナウシカのクシャナ殿下を演じられた方です)バージョンの<人形使い>も、家弓さん版とはまた全然印象が違っていて驚きでした。
パンフレットで監督がコメントしていたように、旧版での少佐と人形使いの結末は「融合という形の婚姻」ってなイメージが強かったんだけど、今回は人形使いが<彼>から<彼女>に変わったことでより「似た者同士」という要素が強調されているのかなと。
それゆえに、家弓さん版とは違う求心力でもって少佐に囁きかけているように思えると。
内容自体は同じはずなのに、たった一つ要素が変わるだけで見方が変わるってのは凄いわホント……!

おーのれ~、何で京都では公開してくれなかったのか。
公開中にもう一回くらいリピーターしたいよ! でも8月中にもう一度大阪まで観に行くなんて不可能だよ!

悔しいので、EDの傀儡謡はそれこそじっくり聴いてきました。
映画館の音響で聴く傀儡謡はマジ最高。



(どうでも良いことですが、遠神恵賜と聴くと連想で『ゆらふるべ』を思い浮かべます。
まぁ、あの漫画は確実に攻殻の影響受けてるっぽいからなぁ。
モロに人形使いの事を指しているような台詞があるけど、あれはオマージュなんだろうか……
や、大好きだけど)



[ 2008/07/29 21:23 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

それいけ総当り戦

式さんトコの日記で見かけたキャラクターソートが面白かったので、ついつい自分も『儚人』で作ってしまいました。

儚人キャラクターソート

ちなみに矢車の結果は以下の通り。

順位 名前
1 阿頼耶=斬月=久暁
1 燥一郎
1 浅葱蛍
1 枳
1 椿
6 八佗
6 八尺瓊辛
6 阿頼耶
6 金輪翁
6 閻王
6 雪女
12 かぐや
13 利宋
13 二藍皐弥
15 つづら
15 蘇芳ともえ
15 卯ノ花白戯
18 白巳女帝
19 千克
19 鳴滝
19 楝太夫
19 九十九丸
19 縹流
19 しじま
19 緑鈴
26 木賊
26 一藤
26 朱茨
26 山吹なずな
30 軒葉


でもまだコレ、未登場キャラクターを含めていないので、全キャラクターでもう一度やったりしたら大きく変化すると思います。
しかし、たった30人でも終わるまで長かったなぁ……

無双OROCHI再臨キャラクターソートなんて、作った人間にしてもチャレンジャーにしても、猛将以外の何者でもない。



[ 2008/07/26 21:04 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

あにめかずむ

ヘタリアがアニメ化って…………


あ、ああああああアニメ化ぁぁぁぁぁ!!!???



決して睡魔が見せた幻影などではない、の、だ、よ、ね……?

……え?

ええええええええええ;



[ 2008/07/26 00:17 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)

ぽにょぽにょ~

『崖の上のポニョ』観てきました!
ハウルや千と千尋などとはまた違って、本当に<子供のためのおとぎ話>という感じの作品でしたね~
背景もパステルやクレヨンで描いた様な手描き風。
物語のスケールも控えめで(というほどでも無いか。世界崩壊しかけたし)、実にほのぼのとした気分になれる、良い作品でした。
小さな恋のメロディ最高!


以下、ネタバレを含む感想になります。


[ 2008/07/22 20:51 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

帝戦帖ですとー!?

「魔人学園三部作・『東京魔人学園帝戦帖』DSにて製作決定!」


公式サイトにて正式発表がついにあったようで。


信じても……信じても、良いんですね!?
その言葉を信じても良いんですね!?
案の定“発売日未定”ではあるんだけど……!

ついに剣風帖と外法帖とを繋ぐ謎が明かされるのか。
時代が戦時中となれば、劉やアランの先祖(というより祖父母?)とかとは友好関係築きにくそうだなぁ;

そしてコスモな大宇宙の3人組なんかはどうなるんだ一体。
あれを、戦時中に…?


[ 2008/07/20 00:01 ] ゲーム | TB(-) | CM(0)

終わったどー!

『儚人』第25回UP完了しました!
やったぁーーー! ひゃっほーーーーー!(何という解放感

実は、もうあとちょっと終わるかなというトコまで辿り着いた時点で、バ堪忍袋の緒が切れまして。
「5月の連休以来どこにも遠出してないんじゃー!
今日は祇園祭の宵々山やし、ついでに烏丸御池の新風館に突撃かけるんじゃー!
和風カジュアルと清酒オープンビアテラスがオイラを呼んでいるんじゃー!」
とばかりに原稿から逃走して(オイ)新風館に着いたら、タイミング良くバケツをひっくり返したような土砂降りになりやがりまして、全く目当ての買い物ができなかったりしましたよハッハッハッハッ!
これが天罰ってヤツなのかねハッハッハ……(泣
(ちなみに当然の事ながら宵々山にも足を運べず仕舞いとなりました。雨さえ降らなければ……!)


とまぁ、過ぎたことはさて置き。
またまた二ヶ月ぶりの小説更新です;
しかも来月はお盆という名の<和菓子夏の陣>が控えてやがりますので、続きはまた二ヵ月後になってしまいそうな予感がしてなりません;
なので、次の更新はもう気長にお待ちいただけると幸いです(コラ

(※ついでに、続きから今回の更新分についてのネタバレ語り)



[ 2008/07/16 00:38 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

帰った早々凄絶に動揺

『魍魎の匣』CLAMPキャラで初のアニメ化

や、マッドハウスなら期待できるし、そこは素直に楽しみです。
でも何で魍魎だけ……!
別に『姑獲鳥の夏』から順番にやってたってええやん……!


……あ、そうか。
さては姑獲鳥からだと某神があまり動いてくれないからか。
そうなのか……!?


[ 2008/07/11 21:05 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)

君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後ぞ 澄み渡るべき

一晩たっても余韻が残っているのか、仕事中一人になる度によさこい節を鼻歌ってた自分、自重せよ。

さて、この熱が冷めてしまわぬうちに『IZO』感想いきます!
ネタバレ&郷土愛全開&しかも長いので、それでも良いよという方のみ、続きからどうぞ。


[ 2008/07/10 23:12 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

DVD届いたー!



天に飼われ、
天に捨てられ、
天に裁かれた犬。
その名は以蔵。
人斬り以蔵。


てな訳で、新感線プロデュース・いのうえ歌舞伎☆號『IZO』が届いたよイェーイ!
今からご飯食べながら観ます。
感想は疲れてなかったら明日にでも書きます。
土佐っぽ! 土佐っぽ!
ぉおおおお! テンション上がってきたーーーーー!!!







見終わった勢いで追記。

最後の締め方に脱帽。
そしてメインテーマに挿入されたよさこい節で涙腺決壊。

正直、見てる最中は
「あぁぁぁぁぁ! 以蔵の阿呆がぁー! 上士の奴らめー! 容堂のこん畜生がぁああああ!」と、
沸々たる苛立ちがこみ上げていたというのに……!
最後の締めでストンと落とされたというか。
つーか! いかん、いかんて……!
そのタイミングでよさこい節なんて流されたらちょっと……! うわぁああああああん!!!(滂沱

[ 2008/07/09 20:46 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

夜の魚たち

本日のお買い物。
・ネウロ第17巻
・藤崎竜版『屍鬼』第1巻・2巻
・文庫版『百鬼夜行抄』第10巻
・『バンパイアハンターD』第2巻

単行本化を待ちに待っていた『屍鬼』をようやく入手!
うおおおおお! 怖ぇーーー! 面白れぇーーーー!
やっぱ藤崎先生の、このノリ好きだ……!
コミカルな部分とホラー部分との温度差がたまらないよ……うわぁ!
屍鬼 1 (1) (ジャンプコミックス)屍鬼 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
藤崎 竜小野 不由美

商品詳細を見る

屍鬼 2 (2) (ジャンプコミックス)屍鬼 2 (2) (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
藤崎 竜小野 不由美

商品詳細を見る


小野不由美先生の小説原作漫画といえば、春に購入した『東京異聞』もめさくさ面白かったです。
こっちも原作未読で漫画から入ったのですが、最初は普通にミステリー系の話だと思ったのに……!
あのオチは凄すぎましたとも。
明治天皇崩御→百鬼夜行解禁→東京水没の流れは何度読んでも鳥肌が立ちます。
某狂言回しの正体とかは早い段階で分かったけど、それでも残るあの<してやられた感>が良いんですよね。
東京異聞 スペシャル版 1 (1) (バーズコミックススペシャル)東京異聞 スペシャル版 1 (1) (バーズコミックススペシャル)
(2008/03/24)
小野 不由美

商品詳細を見る

東京異聞 スペシャル版 2 (2) (バーズコミックススペシャル)東京異聞 スペシャル版 2 (2) (バーズコミックススペシャル)
(2008/03/24)
小野 不由美

商品詳細を見る


しかし、『東京異聞』にしても何にしても、どうして世の良い兄貴はこうも早死にしてしまうのか……(哀
占星術的双子ってなんだよぉ……萌えるけど悲しすぎるぞこのぉ……


[ 2008/07/06 23:17 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)

浮いたり沈んだりな日

水無月の陣は問題なく終結しました、が。
……別方向から、ある意味とどめ(一歩手前)の警告をくらいまして。
情けないやら申し訳ないやら、何で自分は他人と同レベルの事がこんなにもこなせないんだろうとか、帰ってきてから飯も食わずに、ちょっくらウジウジしてました。
今はもう大方落ち着いています。
電話でオカンと話してたらかなり楽になったので。
やっぱり家族って大事だと思った瞬間でしたわい。


さて、PC故障中に妹からバトンをもらっていたので回答しようかなと思ったけど。
……この『誕生日バトン』、ルールがよく分からんと言うか、ただ受け取った人間の誕生日を加えていくだけというのも面白みに欠けるなぁ;
いっそのこと創作キャラクターの誕生日でも書いてやろうかと思ったけど、せっかく365日のカレンダーが用意されているのに、数名分しか名前がないのも寂しいので、今回はパスする事にしようかなと。

ちなみに『儚人』キャラの誕生日はというと、実は今まで全ッ然決めていませんでした;
このバトンを受け取ったのがきっかけで、ちょっと考える機会ができたというくらいで。
基本的に創作キャラクターの誕生日などは、物語上で必要がなければ設定したりしない人間なんですよ。
決めたとしても、大雑把に冬生まれだとか秋生まれだとか、考えるくらいなものでして。
う~ん、我ながら薄情な作者だ;
でも『儚人』の場合は年齢不詳&詐称な人間が多い上に、うかつに誕生日を祝えないヤツが約一名いるし、わざわざ決めても何もイベントなんて出来んしなー、という気持ちが強いせいもあるのかも。

まあ、このままずっと設定の無いままというのもつまらないので、今回は一部のキャラクターだけ誕生日(仮)を決めてみました。
興味ある方だけ続きからどうぞ。




[ 2008/07/01 01:45 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。