ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

懐かしいもの発見

荷物の分別中、捨てずに保管していた高校時代に書いていた創作小説やら、『儚人』の初期設定資料集やらを発見してしまい、軽く「ウボァーーー!?」な気持ちになりました。矢車です。
いや、持って来てたのは覚えていたんだけど。
2年前の引っ越しの際、他人の目に付かないようにと隠したまま、自分でも存在を忘れていたらしい;

一度目を通せばもう、バカ一設定のオンパレード(つまりこういう類の)で軽く死ねる……!
でも捨てない。もったいないというより、高校時代の友人ズとの交流の思い出があるからやっぱり闇には葬れんとです。
(リアルに小学生や中学生だった頃に書いたものは、さすがに黒歴史認定で滅したが)
当時描いてもらった創作キャラのイラストとか、UPしてみたい欲望に駆られるけど。
許可取るために存在を知らせれば、それだけで闇討ちされかねないので我慢我慢……(チッ


それと本の整頓中にこれまた懐かしい作品を発掘。

FIGHTER (角川スニーカー文庫)FIGHTER (角川スニーカー文庫)
(1998/07)
吉田 直

商品詳細を見る


『トリニティ・ブラッド』で有名な故・吉田直先生のSF長編小説。
自分は結構好きなんですが、未だかつてこれを素で好きだと言ってくれる他人に出会った事がなかったりするという;

やっぱりアレかな。
死んだ新撰組の人間が機械人形化されて西南戦争に投入~というのがマズかったのか?
(実際、高校の新撰組ファンの友人に勧めてみた時の感想は「あんまりじゃない?」だった)
テスカトリポカやケツァルクアトルの正体が他惑星の宇宙船の保全システムで、人類の歴史を操作していたとかいうのも、その手のパターンが大好物な身としては非常に美味しい作品だったんだけどなぁ。
それに、この作品の沖田総司と、斉藤一こと藤田警部のキャラクターはかなり好きだったりする。
あとトリブラの時もそうだったけど、吉田先生の書く風景描写は本当にリアリティがあって凄い。

亡くなられてから今年でもう4年目になりますが、自分にとっての吉田先生は永久に尊敬する作家です。
あのままトリブラが完結していればどんな話になっていたんだろうとか、その後もどんな話を生み出していったんだろうかと、考えれば考えるほどに34歳でお亡くなりになられた事が悔やまれます。



何というか、趣味で書いている私如きが言うのはおこがましいけれども。
あれだけ今後の展望を考え抜いていて、小説を書く意欲も充分にあった方が書きたくても書けずに逝ってしまわれたのを知っていると、書くの嫌になったから連載打ち切りとか、(他人がどう思うかはともかく)あってはならない事だと思うんですよ。
だから今でも、自分は創作小説を書き続けているんだなと。
どんなに時間がかかろうが、どんなに昔考えた青臭くて浅はかで薄っぺらい内容の話であろうが、完結させずに終わらせるのは絶対嫌です。

そんな風に、今後も足掻き続けてやろうじゃねーかと改めて誓った如月の夜でした。終われ。


スポンサーサイト
[ 2008/02/16 00:19 ] 小説 | TB(-) | CM(0)

本当に大した物ではないのだけれども

引っ越し関係の準備も、残すのは荷造りだけという段階に入りました。
とにかく、大量にある本をどうにかしないと荷物の置き場もないので売りに行かなければならないのですが、何か明日また雪が降るっぽい……?
わざわざ引き取りに来てもらうほどの量でもないので、なるべく明日は降るな! 雪ッ!


『儚人』第23回もポチポチと執筆が進んでいます。
引っ越しまでにUPするのはさすがに無理なので、今回も2月末か3月入ってすぐの更新になるかと思われます。
ただ、来週から研修が始まってしまうので、多少の予定変更はご了承下さい;

それと、次回から作品説明部分に補足として、「一部に暴力・流血等の過激描写を含みます」表示を書き加えようかと考えています。
や、何を今更って感じではありますが;

今までは対鉄忌戦が中心だった上に、登場人物達が過激というほどの怪我を負うことも稀であったので、別に無くても大丈夫かと思いあえて表示していなかったのですが。
次回から対人戦が本格化するに辺り、ちょっと注意書きが必要かなと思われるような描写がちらほらと出てきてしまったんですよね;
だからレイティング表示とまではいかなくとも、上記の注意書きがくっつくくらいの物になることだけは了解していただけるとありがたいです。

それもこれも、どっかの極悪オッサンが自重しないせいで……!
例のオッサンが登場すると、第22回までの執筆準備中に脳内再生していた『凛として咲く花の如く』が、『この子の七つのお祝いに』に強制交代させられます。つまりはそゆこと(何;

[ 2008/02/14 23:03 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(2)

てぇへんだ親分!

まずは深呼吸しよう。そして高らかに叫ぼう。


『十二国記』の新作が出るってマジですか!?

(参照)http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/

外伝でも良いよ!
あの気になって仕方がない状態で放置されてから、もう何年になると思ってか!?
泰麒来い! 泰麒!!
てゆーか驍宗様カムバァーーーーーック!!!



待ち望んだといえば、『東京魔人学園』シリーズもDS移植で、三部作が再発信との事。
ちゃんとチェックしてますよ当然ですよ~!
DS持ってないけど、問題なく予定通りに発売されるなら(※ここ重要)絶対買うよ!
剣風帖も外法帖も大好きだけど、やはりここで一番期待したいのは、お蔵入りとなりつつあった三部作最終章・帝都編の存在。
あの素晴らしいお館様の意志が、どうして子孫の代であんな残念なことになってしまったのかちゃんと説明を! 求む説明!(って、そこかい;

[ 2008/02/14 02:16 ] 小説 | TB(-) | CM(0)

「所詮この世は夢幻、だったら面白い夢見た方が勝ちだ」

今朝、起きてビックリしました。
何か、夢の中に『儚人』キャラが出てきていたんですよ。
それがどうしたと思われるかもしれませんが、元々自分は滅多に夢を見ないのに加え、創作のオリキャラが夢に登場するなんて経験も、今までの人生で三~四回あるかないかというくらい珍しい事でして。
だから今回の夢はすこぶる貴重な物であるはず な ん で す が 。

正直、夢の内容は『儚人』本編とは何の関係もありませんでした。
キャラは『儚人』のままなんですよ、ハイ。
でも奴らの言動はそのまんま、劇団☆新感線の『髑髏城の七人』(97年版)だったんですよ。
……えーとつまり、これは、新感線パロって事なのかい矢車さん?(思わず自問自答

ちなみに再現されていたシーンは、<蘭さん死亡後に救出された捨之助がやって来て、駆け寄る沙霧に対し「どうした宅急便のキキ」とボケる所>でした。
(新感線ファン以外には甚だしく分かりにくくてスミマセン)

配役は、
捨之助 → 燥一郎
沙霧 → 蛍
兵庫 → 椿
極楽太夫 → 枳
蘭兵衛 → 久暁

という具合。ちょ、久暁死んでる……!!(爆
今にして思えば、どういうキャスティングなんだコレ。
燥一郎が捨之助ならアオドクロVer.の方が合っている気がするなぁ。

まぁ正直、この夢を反芻している内に「……良いなぁ、新感線パロ」と悦に入り、『works』かけながら他の作品でも勝手にキャスティングして、ニヨニヨと遊んでいたんですがね!
火燐楼の男性陣三人組で『SusanohⅢ~魔性の剣~』とか意外にツボった。
次点は『阿修羅城の瞳』。


と、夢話はこの辺までにしておいて。



サイトのみならず、ブログの方の拍手も押して頂いているようで、真にありがとうございます!
でも、ブログ拍手コメントへの返信って、もう一回拍手押さないと見れない仕様になっているのかな、これは……?
機能がよく分からない;

念の為、ブログ拍手コメントへの返信も、いつもと同じように続きから書いていくことにします。
ではさっそく返信です。


[ 2008/02/11 23:21 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

5000hit!?

サイトTOPの下部にて地味ぃ~~~~~に回っていたカウンターが5000を超えていた件について。
初めての方々にも、日参して下さる方々にも、この場を借りて感謝の言葉をば。

本っ当に、 あ り が と う ご ざ い ま す !
考えてみれば、創作で亀更新、しかも趣味に突っ走っている引き篭もり気味サイトに、2年間とはいえこれだけの人が訪れてくれたなんて、自分にとってはかなり奇跡です;
例え一日に一回、自分自身でカウンターを回したとしてもせいぜいが730hit。
残るおおよそ4270回分は訪問者の皆様がいてくれたからこそ存在できた数字なんだなと思うと、もう嬉し涙で前が見えませぬ……!!
(一応、ブラウザの更新ボタン使用のカウントは無効になるよう設定しているので、そこそこ正確な数字になっている、はず?)

これからも相変わらず亀更新なサイトだとは思いますが、訪問して下さる方々のためにも、より一層の精進を心がけていきたいと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。





さて、話は変わって。
妹に貸して以来、行方不明になっていたマイペンタブがようやく戻ってきたので、今日は久々に絵板で落描きをしていました。
ドット絵の描き方の応用だったら少しはいけるかな~と思い試したみたら、意外と描きやすい事が判明。
という訳で、「線画? 何それ美味しいの?」な状態は変わらないものの、少しはそれっぽいものが描けたのかなというテスト。
八佗(分身中)

切り絵っぽい仕上がりになるのがちょっと楽しい♪
[ 2008/02/11 00:00 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

白い誘惑

昨夜の『ジャイアントロボ』鑑賞会は、不幸にも第6話&第7話が用意されていなかったため、個人的にはかなり生殺しな状態で終了と相成りました。
た、足りない……! GR分が足りない!!
何でよりによってこの2つの回が無いんだ妹よ!?


色々と枯渇した成分を補うべくサイト巡りをしたせいで、寝たのは5時というこの体たらく。
目が覚めたら昼だというのに大雪でビックリしましたよ。
それこそまさに、見渡す限りの雪景色。

しかし、「こんなチャンスは二度と無い!」と思い、(遊び過ぎだとは思いつつも)今日は下賀茂神社に行ってきました。
歩いていける距離にあるのにまだ未見だったんだよね、コレが。

下賀茂神社は広かった……
地面の雪がみぞれ状態で、10分と経たずに足元はぐしょぐしょに……
でも、その寒さなど何する物ぞと言いたくなるような、絶品の雪化粧よ!
雪を被った木々が、まるで満開の桜のように見えるのが、もうね……!!
最 高 っ だ ! !


京都に住み始めて以来、こんなに雪が降ったのは二三度ほどしかないので、本当に今日はラッキーでした。
もっと早くから起きていれば、雪の金閣寺を見に行っても良かったんだけどなぁ。
(どっちにしろ、雪が積もった時点で遊ぶしかないんだな)
[ 2008/02/09 21:39 ] 旅記録 | TB(-) | CM(0)

我らのBFの為に!

昨日は夕方から予餞会で、さんざん飲み食いしていました。
終わった後も有間殿&まめ殿と、夜中の4時ごろまで下宿で騒ぎ。
今日も今日とて、昼からサークル友とランチバイキングに赴き、その後は夜までカラオケ大会。

さすがに疲れきってしまい、帰ってから今までグースカ寝ていたんですが、今夜は妹の友達が泊まりに来ているのに加え、徹夜で『ジャイアントロボ』の鑑賞会をするそうで。

そんなん疲れていたって絶対見るに決まっているじゃないか!!

という訳で、只今絶賛鑑賞中です。
もうね、GRは永遠の傑作だもの。セル画アニメの最高峰ですよ。
あれほど萌えと燃えを兼ね備え、なおかつシリアスとギャグを絶妙のバランスで成り立たせている作品はそうそう無い。

↓こんな無茶な戦いがナチュラルに繰り広げられているロボアニメは、ジャイアントロボだけ!
http://jp.youtube.com/watch?v=AA7u2naMolM
http://jp.youtube.com/watch?v=-SJMNsZBwEw

[ 2008/02/08 23:56 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)

来年まで待つか……

昨日はせっかくの節分という、このサイトで最も扱いやすいであろう年中行事があったのに、母の訪問やら新居の契約やら口述試問の準備に追われる形で、結局何も準備できませんでしたorz

一応、京都の節分の町衆文化である「おばけ」(男性が女装をしたり、芸舞妓さんが男装したり、その他諸々の仮装をして鬼を驚かし、厄を祓うという習慣。現在では主に花街でしか見られないけど、一般の人が参加するイベント的なものもある)にちなんだネタで、『儚人』の本編とは全然何も関係ないアホ話でも書こうかなーと、思ってはいたんだけど。
(他には、「下都では毎年、節分には党主と若衆頭が鬼役となり豆の集中攻撃をくらう」とか、「誰かさんのせいで恵方巻きを6年連続まともに食べれていない誰か」の話とか、「新『昇陽』の怪談 “消える鳩の謎”」といったしょーもない電波を受信していたり)

う~ん、無念。
来年覚えていたら書こう;


ちなみに今日は母&妹と一緒に、伊勢丹で開催されていたチョコレートの展示販売に行き、めっさ美味いチョコをちまちまと試食してきました。
や、ちゃんと購入もしましたよ。今回のは自分用ですが。

明日からは第二弾になるそうなので、口述試問が終わったらまた買いに行こう~♪
[ 2008/02/04 16:16 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

飲み会とスウィーニー・トッド

明日は母が高知からやって来るので、のそのそと部屋を片付け中な矢車です。

ちなみに今日はサークルの飲み会でしたが、その前に友人と『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を観てきました。
大好きなティム・バートン監督作品にして、市村さん主演で2007年に日本でも舞台公演をしたということもあり、前々から期待していたのですが。

いや~、これは良いティム・バートン節ですな!
スプラッタ駄目な人が観るにはかなりきついけど。
とかく中盤以降からは流血・首切り・食人と、黒いネタをこれでもかとばかりに大量投入してくるので、苦手な人は本当に要注意な映画です。
でもミュージカルパートでの歌は言葉遊びが利いていて、なおかつ穏やかで優しげな曲が大半というギャップがまた良い。
だから、ミュージカル映画としては個人的に満足満足。


(以下、ネタバレ有り)


[ 2008/02/03 00:58 ] 映画 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。