ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛の脳内逃避行

Twitterのブログパーツをつけて以来、そちらで呟く方が楽なので、すっかりブログ本体の記事が疎かになっている矢車です。
何とも久々なブログ記事だ……あ、ちなみに繁忙期は全然終わってません(泣
この調子で5月も母の日で忙殺かいチクショー!


ちなみに今日は、休みが運良く母のと被ったので、二人してようやく映画版『NINE』を観に行ってきました。

数年前にも母と一緒に、日本の舞台版を見たこの作品。
その為、あらすじとかは前もって知っていたんですが、映画版は舞台のと話の内容(特にラスト)が若干変わってて、曲も一部削られていたり新しく入っていたりしていたので、かなり新鮮な印象で見ることができました。

いや、それより何より、自分の見た舞台版が登場人物8人(?)だったのに対し、さすが映画版はスケールが違う!
とにかくミュージカルパートは圧巻の一言。
大スクリーンで、大勢のきれーなオネーチャンが下着姿で妖艶に舞い踊るんだよ!
セ ク シ ー ダ イ ナ マ イ ト 大 乱 舞 だ よ !!
これを「ありがとうご馳走様」と言わずして何とするか。

特にお気に入りのナンバーは、スタッフロールにも使われていた「ビー・イタリアン」と「シネマ・イタリアーノ」です。
サンギータ率いる娼婦達の、全身を使ったタンバリンと砂のアクション。
ステファニーとスーツ姿の男達が、激しいリズムで乱舞するイタリア映画賛歌。
もうこの二つ見た時、映画化バンザーイと思わずにはいられなかったです。
なんつー格好良さ……!


とはいえ、それもこれもあれも、7人の女達が歌い上げる曲は、その大半が追い詰められた天才映画監督・グイドが思い描く妄想の世界での事。
現実では撮影直前になっても脚本が1ページも書けず、ローマから逃亡するわ、都合の良い時だけ愛人に甘えるわ、妻には愛想つかされるわ、主演女優にも拒絶されるわ、その過程で延々「グイド最高ー!」的な妄想に耽溺するわと、何か舞台版よりダメ人間っぷりに拍車がかかっている気がするグイド氏(笑

それでも最後に救済措置を持ってくる辺りがハリウッド式なのかなぁと。
締め方としてはきれい過ぎるくらいきれいな方でしたが、こういうのも有りかなということで、悪くはないと思います。

しかしコレ女の立場からすれば、グイドに関しては「てめぇこのマカロニ野郎!」という呆れがまぁどうしても先に出てきてしまう訳なんですが、男性視点から見るとどんな感想がでるのかちと気になります。
スポンサーサイト
[ 2010/04/07 23:20 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

初秋? いや、まだまだ暑いよ!

中秋の名月の前に誕生日ケーキ食べるって、何か違和感があるなぁと思いつつ。
実に5年ぶりに、実家にて誕生日を迎えました。
さすがにこの歳になるとロウソク立てるのもなーという訳で、ケーキも小さめの苺タルトケーキ。
でも大抵この時期だと苺がないので、自分の誕生日ケーキに苺が乗っていることなんて滅多になかったもんだから、小さくても今回のケーキはちょいと嬉しかったり。
ありがとう母よ(拝み


さて、誕生日ネタ繋がりという訳ではないんですが。

昨日、ようやくこの夏話題のアニメ映画『サマーウォーズ』を観に行けたんですよ!
わーい! 他地域じゃもうとっくに放映終わってるけどねー!
高知で放映開始したのは先月26日からだぜチックショー!(泣
まぁ、高知県はまだまだ日中最高気温30℃超えてるから、余裕で残暑なんだが!
(高知県は基本的に昼夜の寒暖の差が激しいので、春秋のほどよい暖かさor涼しさなんてものはまず存在しない)

原作を読んでいて、何となく誰が未来人なのか分かってしまった『時をかける少女』と違い、今回は一切ネタバレ情報を仕入れずに観に行ったんですが。

いやぁもう、相変わらず良い仕事してるなマッドハウス!!

冒頭のフルCGで描かれた電脳仮想空間の緻密さに度肝を抜かれ、続いて描かれる上田の旧家・陣内家での一幕に和み、突如健二に届けられたミステリアスなメールから始まった一大事件に一気に引き込まれ、とにかく展開に目が離せない。

それでいてあれだけ大勢の人間を登場させていながら、一人一人キャラクターが立っているのがまた凄い。
特に、栄お祖母さまの貫禄と優しさを兼ね備えた強さには惚れざるをえないし、カズマの戦いぶりは格好良いことこの上ない!
ラストの花札勝負で一族一丸となって挑む所もね、そう来たか!と思いましたよ。
まさかあれが伏線だったとは……!
しかし個人的に一番頑張ったと思うのはやっぱり健二ですね。
最初の印象こそ押しに弱く、状況に流されがちなヘタレ少年てな感じだったのに、ラストの限界を超えた暗算には笑いを通りこして驚嘆しましたよ。

シリアスそうな展開でもコミカルさを失わず、かつここぞという所では燃える様な熱いバトルや、ジワリとくる切ない場面をも挟み込んでくる。
2時間であれだけ笑えて泣けて興奮できるなんて、本当に美味しい思いをさせていただきました。
ありがとう、マッドハウス!

きっと2回目を観た時も、あの栄お祖母さまの手紙でまた泣いてしまうだろうなぁ……
家族って大切だよ、うん。
自分も今日しみじみ思ったよ。



[ 2009/10/01 23:13 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

ヤツは大変なものを盗んでいきました

ハイ、今日の話題はカリオストロでも魔理沙でもないですよー
『GOEMON』の感想ですよー

つい先日書いたように、日曜休みなのでさっそく観に行きました。
観る前は期待と不安が3:7くらいの割合だったんですが、観終わった直後の個人的な点数評価としては 70点 かなぁと。
割と譲歩しての70点です。
前回のきゃしゃーんよりはまだ楽しめた方かと思うんですが、それでもね、こう、所々にモヤッとくる所があるというか、つっこみたくなる箇所があったりね。
そこんとこがどうしても割り切れなくて、観終わった後もちょいと消化不良感が残ってしまったのが残念。
(それはもう、割り切れなさのあまり帰り道で『怪盗 楚留香』をレンタルしてしまったくらいに……)

自分でも不思議なんだけど、「うわコレ良い!」と高ポイントな部分と、「それはどうよ?」とどうしても受け付けない部分の両極端の印象が揃っている作品ってのはどう扱えば良いものやら;
好きか嫌いかと問われれば、「あの戦国BASARA並みにありえねーアクションは最高にツボなんだけど、ストーリーはごめんオイラには微妙かも」と言わざるをえないなぁ……
ああ、口直しに『五右衛門ロック』が観たい……
や、本当に良い所もあるんだけどね、う~ん;

そんな『GOEMON』ですが、とりあえず言いたいことは山ほどあるので、続きからネタバレ感想いきます。
内容知りたくない方はスルーでどうぞ。


[ 2009/05/10 22:48 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

安らかな旅立ちのお手伝い

昨日観た『おくりびと』を返してくるついでに、今度は『ダークナイト』と『ギャラリーフェイク』の11巻を借りてきました。

Q.矢車さん、『ギャラリーフェイク』がどんな話か知ってたんですか?
A.いんや、全然。

Q.じゃあなんで中途半端に11巻だけ借りてんですか?
A.オイラの故郷の名物、絵金が出てるからだよ。


という下心おおありで借りてきた『ギャラリーフェイク』ですが、まさかテレビ東京系の深夜アニメで自分とこの故郷を連呼される日が来ようとは;
まぁ内容的にはイマイチというか、土佐弁が下手すぎて観るのに集中できなかったってのが本音です。
発音はまだ仕方ないとして、せめて「ちゅう」「きー」「にゃー」の用法くらいは正しく使って欲しかったなぁ。
っていうか、オイラの住む町が狭くてひなびてるってのは否定しようも無い事実だが、それを何度も連呼しなくったって良いじゃない……!orz
町並みだってあそこまで田舎じゃないもん!(五十歩百歩ではあるが
泣くぞ! グレるぞ!




それはともかく、今日のメインは『おくりびと』と『ダークナイト』の感想~と思っていたんですが、書いている内にまた長くなってしまったんで、今日はもう『おくりびと』の分だけです。
『ダークナイト』はまた後日に……あ、拍手のお返事もまた後ほど……!

(※一応ネタバレしまくりなので、知りたくないという方は以下スルーでお願いします;)

[ 2009/03/25 22:46 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

鳩ボーイ、帝都を舞う

タイトルが昨日の記事と被っているのは仕様です。

何のこったいと言いますと、ようやく! よーーーやく観に行けたんですよ『K-20』!
朝から母と一緒に高知イオンに行き、終わった頃には二人揃って

「金城さんがアホ可愛すぎる」(※褒めています

とばかり話していました。
いや本当に、あの平吉の可愛さは一体何事だったのか。

架空の1949年という舞台設定も良かったし、『リターナー』好きな身としては今回のアクションシーンも動き・魅せ方共に大満足。
怪人二十面相の高笑いとマントばさばさなキャラクターデザインにも心を奪われっ放しだし、松さん演じるお嬢様のたくましさにもトキメキMAXだったけど、もうとにもかくにもMVPは平吉。
怪人二十面相に仕立て上げられてしまった憐れなサーカス曲芸師、金城さんが演じる平吉が最高すぎて……!

この、監督にまで認められるほどの鳩大好き鳩ボーイめ!(パンフ参照
偽者やってる最中にも、いちいちヘタレスキルを発揮するし!
しかも吊るされた挙句に本物から告白されとるし……!(※嘘はついていない、ハズ
もう何この偽者。可愛すぎるぞコノォ!

しかし最初は冤罪から自暴自棄になりかけていた平吉も、最後には立派に男前になってくれて良かった……!
『K-20』は<怪人二十面相を追う物語>というよりも、むしろ<怪人二十面相の成長物語>だったんですね。
うーん、続編とか作ってくれないかなぁ。
や、だって絶対、本物死んでいないと思うんだけどアレ(笑
しかし原作である『怪人二十面相・伝』とはかなり違った内容らしいので、二度目を観る前に一度原作を読むべきか否か――


[ 2009/01/24 00:19 ] 映画 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。