ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

果たしてDVD化は有るや無きや!?


「楽園の瑕」リニューアル版上映へ―カンヌ国際映画祭

mixiニュースで知った瞬間、心臓が跳ね上がりました。
私的に好きなアジア映画ランキング第2位の名を、まさか今頃になってこの目で見る日が来ようとは……!

つか、何ぞこれぇぇぇぇぇッ!?

アクションシーンには最新SFXを駆使って何ですか。
確かに元のアクションパートは古臭さ全開で今見るとアレな所もあるけれど、 「明らかに吊っています。本当にありがとうございました」的な最近の見かけ倒しアクションよりは良かったと自分は思うんだ。
あと、音楽も変更って。
ヨーヨー・マ好きだけど、サントラを思わずレンタルしてしまったくらいもともと良曲揃いだっただけに、少し残念というか何と言うか;

ああでも、そんな不安要素なんぞ未公開フィルムという誘惑の言葉には勝てん……!
うわぁ見たい!
めがっさ見たい!
思わず今からDVDを見返してしまいたくなるくらい恋しいぞこのぉッ!



この作品は、言ってしまえば金庸作『射英雄伝』の二次創作的な武侠映画です(ただし若干『笑倣江湖』も絡んでる
登場人物達は皆、『射英雄伝』に登場する愉快なオッサン達(語弊に非ず)の若かりし頃という事になっていますが、映画の作風自体は

「もうこれどっちかっつーと古龍やん」

という、酒と男と女と涙の世界なんですよ。
しかもキャストが凄すぎる。
よくもまぁこれだけ揃えられたなと思うくらいの豪華メンバーなのに、話の構成が難解だとか何だかで日本ではえらく知名度が低かったりするんですよね……

まぁ確かに、一回見ただけで完全に理解するのは難しい作品だと思うけど;
時系列が入り組んでるからなぁ。
むしろ噛めば噛むほど美味しくなるスルメ映画だと信じたい。

あー、いかん。
本格的に見たくなってきた。
せめて二重人格な某未来の最強剣客と、盲剣客のエピソードだけでも……
この二つの話が特にお気に入りなんです。
会話のやり取りといい、映像美といい、とても15年前の映画とは思えん。
頼むから日本でも公開してくれ~!
そしてDVDを~!!



スポンサーサイト
[ 2008/05/15 22:42 ] 武侠関係 | TB(-) | CM(2)

今夜の土曜プレミアムは

『カンフーハッスル』だよ~! わーい!わーい!

武侠小説ネタ盛り沢山の周星馳映画の中では一番好きな作品です。
もうね、ああいう真面目に馬鹿な事やってて、なおかつ一見さえないような人間を格好良く見せることのできる作品って本当に良いと思います。

ま、今回はそんな評価的なことは置いといて。
久々の武侠成分を補給補給!
独孤九剣ー!
蛤蟇功ー!
獅吼功ー!
楊過と小龍女ー!
(↑このネタをやるためだけに金庸先生に一万元の版権使用料を払ったという、そんな周星馳に乾杯)
[ 2008/04/26 21:25 ] 武侠関係 | TB(-) | CM(0)

ドラマは激しく関係ない

続きを見ない内にレンタルDVDを撤去されたので確認もできず、しかも見たのはかなり前の事なので記憶が曖昧なんですが、たしかこんな話ではなかったはずだよね『PRIDE』って。

という訳で、例のマーベラス的な『絶代双驕』第一巻を読み終えたのですが。

マーベラス・ツインズ (1)謎の宝の地図 [GAMECITY文庫] (GAME CITY文庫 こ 2-1)マーベラス・ツインズ (1)謎の宝の地図 [GAMECITY文庫] (GAME CITY文庫 こ 2-1)
(2008/01/24)
古龍

商品詳細を見る


(※ 以下ネタバレ注意 ※)



[ 2008/01/25 20:21 ] 武侠関係 | TB(-) | CM(0)

あああああんまりだぁッ!

マイミクさんトコから入手した情報。

ついにコー●ーさんが古龍に目をつけたようです。
「やったぜ!とうとう時代が来たな!」とか思った次の瞬間、凄絶にその時代に裏切られた気分がしました。

(参照↓)
http://neco.boxerblog.com/bukyou/2007/12/post-fd33.html

もうすでに古龍ファンのことごとくが突っ込んでいることだろうと思うけど、あえてオイラも突っ込ませていただく。

原題→『絶代双驕』に対し。
邦題→『マーベラス・ツインズ』って何だよ!?

いきなりネタバレしている云々以前の問題がぁああああ!!
イラスト担当は『幻想水滸伝V』の方なんですか。
でもって、え、何? ドラマCD化予定って何のさ?
そういう路線で売り出していくんですか?
小魚児がレゴラスで、花無缺が弦之助様にしてシンタロー……あ、鉄心蘭は沢城さんなのか。
ちょっともう、不安要素が多すぎてオイラついていけねぇよ。

でもなぁ……
『絶代双驕』はドラマ版の『PRIDE』(これも相当アレな邦題のつけ方だけど)のイメージしかないので、いざ入手して読んでみても、翻訳の中身に関してはあまり突っ込みきれないだろうなぁ。
それに、まぁ正直、もし万が一これで古龍ファンが増えたのなら、他作品の復刊&翻訳もありえるかなと、かすかな期待を抱かずにはいられない訳で;


だからと言って、『辺城浪子』や『天涯 明月 刀』まで英語邦題なんぞにしやがったら、それこそ本気で泣いてやる
『天涯 明月 刀』なんかすでに、某映画にて『マジックブレード』なんて邦題をつけられた前科があるし。
(ティ・ロンのオッサンVer.傅紅雪は格好良かったけど、中盤以降は原作丸無視な映画であった……)

何でもかんでも英語風の邦題に改める、最近のアジア作品輸入事情はどうにかならんモンか。
[ 2008/01/17 17:31 ] 武侠関係 | TB(-) | CM(0)

理屈に勝る何かがある……かも

こないだ借りてきたDVDの感想でも一気に書こうかと思っていたけど、ちょっと、今回はパスします。というのも、『さらば、我が愛-覇王別姫-』という一番当たりであろう作品を最初に見て後悔してた訳ですが、その予感が見事に当たってしまい;
や、確かに何となくB級映画が見たくなったから、それを承知で借りたんだけど。
さすがにそれが3本続けてで、しかもストーリー展開が「ちょっと待てぇぇぇ!?」的なものだったりするとダメージがでかい……アクションもね、例え編集しまくりでワイヤーや早送りを使いまくっていても、殺陣をちゃんとやっている作品は好感が持てる。けれども、CGオンリーのアクションを1時間以上延々と見せられるのは拷問以外の何物でもないということがよぉ~く分かった。
まぁ、それを覚悟して借りたのだから、不満を言った所で詮方ないのですが;
(あ、でも『デス・トランス』はアクションとラスト以外は結構良かった。キャラデザとか話の内容自体はモロ好みだったし)

そんな訳で、ダメージを受けた気分のまま寝るのも何だかなぁと思い、口直しに手持ちの映画DVDを見たので、今日はそいつの感想をば。

アウトライブアウトライブ
(2003/05/24)
シン・ヒョンジュン、チョン・ジニョン 他

商品詳細を見る

(あらすじ)
斜陽の兆しが表れ始めた、元朝末期の頃。
叔父と二人でひっそりと暮らし、日々剣の修行に勤しむ少年・ジナはある日、モンゴル人の将軍の娘・ソルリと出会う。親しくなった二人は成長するにつれて互いを深く想い合うようになるが、ソルリの父・タルガが彼女を紹興へと連れていき、離れ離れとなってしまう。またその矢先、ジナの叔父が謎の襲撃者によって命を落とす。敵の狙いは叔父が守っていた伝説の秘伝書「飛天神記」――それを託されると同時に自身の出生の秘密を告げられたジナは仇を探し、ソルリとの再会を果たすため紹興に向かう。
だが、彼女は父親から名門ナムグン家との婚約を迫られており、しかもその相手は旅の途中でジナの危機を救い、友となった男・ジュングァンだった。さらに、ジナの探していた仇とはソルリの父とジュングァンの父に他ならない。ジュングァンとの戦いの最中、タルガの策略で負傷したジナは断崖の下へと消え、傷心のソルリはジュングァンとの結婚を承諾する。
そして10年後、奇跡的に生還したジナは復讐鬼と化し、ソルリの前に姿を現したのであった――

[ 2007/03/06 00:41 ] 武侠関係 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。