ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛なき「怪物」達の往く先は  Part1

今年こそは積極的にブログを有効活用しようと思いリニューアルしたものの、原稿を書いたり映画を見たり英語の勉強をしていたりベネさん情報をおっかけていたりと、慌ただしくも充実した生活をしていたらあっという間に2月が終わろうとしているだと…
何故だ……(ほとんど一番最後のヤツが原因)


と、これまた久々の投稿――しかも一旦過去の日記をお掃除してからは初の浮上になります、矢車です。
3月末のそうさく畑に向けて、『Star Gazer』第3巻の原稿もとっとと進めねば~なのですが、どーーーーーーーーーーしても感想を書き殴りたい物を見てしまいましたので、ちょいとばかし荒ぶらせて頂きたく。


そう!!! 『SHERLOCK』にハマって以来、すっかりベネさんことベネディクト・カンバーバッチ氏のファンになってしまった私にとって、念願も念願…!!
ベネさんとジョニー・リー・ミラーのW主演の舞台、『フランケンシュタイン』が日本で上映されるなんて奇跡が起こってしまったもんだからさぁ……!!!!

第一報を聞いた時から、常時足元5センチは浮きっぱなしになる勢いで喜び舞うほど嬉しい今回の事件。
お芝居好きとはいえド田舎暮らしの為に、生の舞台を見る機会にはなかなか恵まれず、ましてや舞台の本場イギリスの過去の演目なんて、現地に飛んで行ってシアターのアーカイブスにでも行かなければ見れないと知り、英語難民な自分は「そんなん可能性があるとして何年後のお話になるやら……_(:3」∠)_」という心地だったんですが、それが!!!

そのイギリスのナショナルシアターのお芝居が!!
しかも、ベネさんがジョニリと共に英国演劇賞の最高峰、ローレンス・オリビエ賞を獲得したというあの『フランケンシュタイン』が!!!!!
日本で!!!字幕付きで!!!!見れてしまう!!!!!!!

やぁ~…… 念じていれば奇跡ってなぁ、起こるもんなんですな……
それもこれも、日本でのベネさんの人気が上昇したが故。ありがたやありがたや…

このナショナルシアターのお芝居を映画館で上映する企画は、『フランケンシュタイン』以降も続々と予定されているようなので、応援もかねて――いや、それより何より「うぉおおおおおおお!!!!『フランケンシュタイン』見せろぉおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」という昂ぶりをば抑えきれず、この私もまた、はるばる高知のド田舎から大阪にまで足を運んで見に行きましたという次第。

でな訳で。

すっかり前置きが長くなってしまいましたが、続きから『フランケンシュタイン』(ベネ博士・ジョニリ怪物Ver.)の感想をばいきます。
がっつりネタバレなので要注意!!




スポンサーサイト
[ 2014/02/19 11:24 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

巌窟王はレクター博士と出会い、蛮神をかたる幽鬼と化すか

大阪遠征でほぼ日手帳をゲットし、ついでに初生ガキも体験☆
ひさびさに贅沢をした一日でしたが、時間が経っても興奮冷めやらぬのが『蛮幽鬼』!

てな訳で、相変わらず愛ゆえにアホみたいに長ーーーい感想ですよ~
最初からネタバレ全開で行きますのでご注意をば!



[ 2009/11/27 23:05 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

響く剣戟 めくるめく活劇

うわあああああ!!!
劇団☆新感線のいのうえ歌舞伎最新作『蛮幽鬼』特設サイトができてるーーー!!

もう、本当に、なんて格好良いの……!?

TOP画面のキャスト勢揃いを見ただけで、心の鼻血がすでに洪水状態です。
土嚢だー! 土嚢を積めーーー!!

ああああ! 格好いい格好いい格好いいッ!!
おのれ、私に今一つ有給と軍資金さえあれば観に行けるものを……!
今回の話、ものすごく好みの香りがするのにー!
(冒頭解説の『巌窟王』ちっくな流れですでにニヨニヨ)

それに輪をかけて気になるのが、物語の軸となっている蛮教と蛮心教の存在。
新感線でそんな宗教的な要素が絡むなんて意外。
話の流れだけを見れば、かの遣隋使・遣唐使による留学僧の仏教伝来をモデルにしているみたいだけど、どうなんだろう。
『朧の森に棲む鬼』がリチャード3世+大江山酒呑童子討伐をモデルにした話だったように、『蛮幽鬼』も巌窟王+仏教伝来が下敷きとなっているのかな。
でもそれだと堺さん演じるサジ(自称)の存在が何なのか、って疑問が湧くんだよね。

ううむ、中島さんがどういう風にこの物語を料理しているか凄く知りたい!
知りたいのに行けない!(滂沱
こうなったら来年のゲキシネに備えて、今からゲキシネ貯金でもするか……シクシクorz
(ゲキシネ自体は生の舞台と比べて格段に安いけど、行き帰りを飛行機日帰りにすると、それだけで予算がノォオオオな事に;)


新感線つながりでもう一つ。

いつの間にか『LOST SEVEN』第3巻が発売されてたZE☆
という訳で、書店で見かけるなり即行で購入しました。

LOST SEVEN(3) (BLADE COMICS)LOST SEVEN(3) (BLADE COMICS)
(2009/08/10)
高冶星中島かずき

商品詳細を見る


おお、何気に『takeru』より巻数多くなりそう?
本編の進み具合から察するに、5~7巻くらいで終わらせるつもりなのかなと。
第3巻の時点でコモン登場だったら、ひょっとすると原作の舞台でいう第2幕開始が5巻辺りになったりして。
……それまで連載が続いてくれていれば、良いんだけど;

で、肝心の本編ですが。

さすがに妻と女房と家内は改変されたか(笑
『takeru』のクマソの時もそうだったけど、コモンが普通にイケメン(矢車視点で)で良いお父さんしているので、その、何だ、別の意味で困惑が(じゅんさんファンとして
や、これはこれで良いと思うけんど!
キャラデザが大きく変わったキャラが多い中、ブラウバルトとコモンだけはほとんど外見変わってないのは何でなんだぜ。

あと原作を知っている身としては、クイーンロゼがブライ族だって設定が出てきた事に驚き。
まぁ、『takeru』でもイズモがオロチ一族の末裔って事になってたし、有りえなくはないことか。
(作中では鉄の民と言ってた気がするが、あのシルエットはどう見てもスサ兄ちゃん率いる馬鹿オロチ兄弟ズです。ファンサービスありがっとう!)

しかし、となるとテムラーは一体どういう経緯で鏡師として配下についたんだ?
原作でもあの鏡大好きオッサンの目的って、イマイチ分かりかねる所があったから、そこの所も今回の漫画版で補完してくれたら嬉しいんだけど。
[ 2009/09/05 22:59 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

心の鼻血が止まらない(前哨戦)

『儚人』第2章が佳境に入っているところで、大変申し訳ありませんが。
ちょいと数日、執筆がストップしてしまうかもしれません。
というのも。

給料が入って財布の紐が緩んでいたというか。
うっかり『ジェーン・エア』のポスター画像を見て、橋本さとし欠乏症に火がついたというか。
話せば大した事ない理由なのですが。




金欠に喘ぎ! 2年におよぶ我慢の時を経て!
今ようやく!

我は劇団☆新感線20周年記念DVD-BOXを入手したりーーー!!!

という訳です、ハイ。
正直これが気になって、見ながら文章書くとかちょいと無理です。
心の中は浮かれっ放し。初夏だというのに春爛漫モード。

ぶっちゃけ36000円飛んでったのは痛いけど!
しかし今買わずしていつ買うよ!?
もはや我慢も限界じゃー!

そうしてこうして、なんかゴッツくて赤と黒と白のカラーリングが目立つ立方体が今日届きましたとさ。
開封するなり初演版『野獣郎見参!』のケースん中に入っていた、野波様仕様ポスター写真のさとし野獣郎を携帯で写メり、即行で待ち受けにした自分はやっぱりアホだと思う(うん、皆知ってる
だって胸板が反則なんだも(自重ー!

明日は一日中、新感線三昧だぜヒャッホー!
未見の『星の忍者』と、戯曲とアニメ版でしか見たことない『大江戸ロケット』が気になるところだけど、やっぱり最初は『野獣郎見参!』から見てしまう気がする。
もうすでに完全脳内再生できるくらい見てるってのにね!
でも好きなんだからしゃーないじゃん!

さーて、今からお風呂に入って。
まずはオロチGTRの映像から、軽くウォーミングアップといこうかね。
フフフ……赤ロングコートに胸元を肌蹴たさとしさんが見れるぞー!(そこかい
[ 2009/06/16 23:23 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

其は奇人か山師か天才か

もう明後日には引越しだなんて信じられない。
再び京都です。ただし滞在期間は2日間です。
前の職場にも、所用で顔を出さねばいけないのですが……う~ん、気まずい;

それはさて置き、昨日の続き。

まずはこないだWOWOWで放送していた、『表裏源内蛙合戦』の感想からいきます。




<あらすじ>
時は享保十四年、貧しい足軽の家に生まれた四方吉は、四国随一の神童と呼ばれる美少年に成長し、松平藩の若君・頼恭の鬼役を命じられ、遊び・勉学の相手を務めるようになる。
成人した四方吉は平賀源内と改名し、本草学(中国古来の植物学・薬物学)を学ぶために官費で長崎に留学し、南蛮渡来の珍品や、隠れ切支丹狩り、密輸などが横行する長崎で、遊女・花扇と出会う。
オランダ語や医学を学んだ源内は、本草学を究めるために今度は江戸へ留学。
日本初の物産会をひらく資金繰りのために三井高光のもとを訪れ、鳥山検校のめかけ青茶婆(じつは花扇)と再会する。物産会を成功させた源内は若手第一の本草学者となるが、立身出世を狙い幕府に仕官するために高松藩辞任願いをする。それを面白くなく思った頼恭は源内の高松藩辞職の願いを受諾するとともに、他藩への仕官を禁じてしまう。
出世の道を断たれた源内は蟄居の身となりながら、人々の考えも及ばないような新たな開発・発明を続ける。
しかしそれは民衆の生活には届かず、源内は江戸中から“山師”と呼ばれるようになり・・・。
(公式のあらすじより)

[ 2009/01/14 22:39 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。