ロケットの隠れ家でお茶会を

ドラマ・映画・演劇・漫画・ゲーム・小説等々、美味しいものを見つけては感想なども書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛なき「怪物」達の往く先は  Part1

今年こそは積極的にブログを有効活用しようと思いリニューアルしたものの、原稿を書いたり映画を見たり英語の勉強をしていたりベネさん情報をおっかけていたりと、慌ただしくも充実した生活をしていたらあっという間に2月が終わろうとしているだと…
何故だ……(ほとんど一番最後のヤツが原因)


と、これまた久々の投稿――しかも一旦過去の日記をお掃除してからは初の浮上になります、矢車です。
3月末のそうさく畑に向けて、『Star Gazer』第3巻の原稿もとっとと進めねば~なのですが、どーーーーーーーーーーしても感想を書き殴りたい物を見てしまいましたので、ちょいとばかし荒ぶらせて頂きたく。


そう!!! 『SHERLOCK』にハマって以来、すっかりベネさんことベネディクト・カンバーバッチ氏のファンになってしまった私にとって、念願も念願…!!
ベネさんとジョニー・リー・ミラーのW主演の舞台、『フランケンシュタイン』が日本で上映されるなんて奇跡が起こってしまったもんだからさぁ……!!!!

第一報を聞いた時から、常時足元5センチは浮きっぱなしになる勢いで喜び舞うほど嬉しい今回の事件。
お芝居好きとはいえド田舎暮らしの為に、生の舞台を見る機会にはなかなか恵まれず、ましてや舞台の本場イギリスの過去の演目なんて、現地に飛んで行ってシアターのアーカイブスにでも行かなければ見れないと知り、英語難民な自分は「そんなん可能性があるとして何年後のお話になるやら……_(:3」∠)_」という心地だったんですが、それが!!!

そのイギリスのナショナルシアターのお芝居が!!
しかも、ベネさんがジョニリと共に英国演劇賞の最高峰、ローレンス・オリビエ賞を獲得したというあの『フランケンシュタイン』が!!!!!
日本で!!!字幕付きで!!!!見れてしまう!!!!!!!

やぁ~…… 念じていれば奇跡ってなぁ、起こるもんなんですな……
それもこれも、日本でのベネさんの人気が上昇したが故。ありがたやありがたや…

このナショナルシアターのお芝居を映画館で上映する企画は、『フランケンシュタイン』以降も続々と予定されているようなので、応援もかねて――いや、それより何より「うぉおおおおおおお!!!!『フランケンシュタイン』見せろぉおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」という昂ぶりをば抑えきれず、この私もまた、はるばる高知のド田舎から大阪にまで足を運んで見に行きましたという次第。

でな訳で。

すっかり前置きが長くなってしまいましたが、続きから『フランケンシュタイン』(ベネ博士・ジョニリ怪物Ver.)の感想をばいきます。
がっつりネタバレなので要注意!!




スポンサーサイト
[ 2014/02/19 11:24 ] 演劇 | TB(-) | CM(0)

SUPER COMIC CITY 関西18参加のお知らせ

ハイお久しぶりです!矢車です!

大阪夏の陣に創作ジャンルで参加することを目標に、ここ数ヶ月黙々とオフ本作りに励んでおりましたが、ようやく諸々の準備が整ったので、こちらでも告知です(※イベント開催は明日です)

SUPER COMIC CITY 関西18 8月19日(日)
サークル名「モノクロアニマル」での参加。
場所は6号館Dゾーンめ25bになります。

当日持っていく本の詳細については、サークルHPをご覧下さい。
「モノクロアニマル」
http://monoani.web.fc2.com/index.html

『儚人』はサイトに掲載している第弐章までの書籍化ですので、内容はサイト掲載分とさほどかわりません。
文章を冊子向けに推敲してあるので、本の方が若干読みやすいかもです。

もう一つの本、短編集『StarGazer』は、この先イベントでのみ発表していく予定の書き下ろしオムニバス短編集になります。
今まで書いてきたものの中では、比較的マジメにSFをしている作品、のはずです;

これら以外にも、メンバーである一の長編ファンタジー小説『Heart+Flowers ~十字路の鼓動~』も販売いたしております。
自サークルでの参加は初めてですが、当日は全力で楽しんでいきたいと思います!




ところで、この夏はBBC『SHERLOCK』にどっぷりハマるという毎日を送っておりまして、シーズン1のBDを購入した上で、引き続き10月発売のシーズン2も購入予定。
脳内でBSプレミアム放送分を再生しては、ワクワクそわそわな毎日を送っていたりします。

シャーロックかわいいよシャーロック。
高機能社会不適合者かわいいよ。
シーズン3はまだかぁあああああああああああ!!!!(切実)
[ 2012/08/18 01:12 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

因果の始まり 刮目して見よ

『Aria』エンドレスリピートが止まらない日々より今晩は!

と、先日から公開開始になりました劇場版ベルセルク第一章と、併せて発売になりました師匠の新譜『Aria』で、毎日脳内が黄金時代な矢車ですどうも。
映画の方はすでに公開日に観に行っていたんですが、例のごとく感想書くのが遅れて遅れて;

で、ようやくの感想になりますが、今回の映画化はマジで劇場に見に行くことを全力でオススメします
というのも、一番には音響がね!音響効果がすんばらしいからなんですわ!

今回の映画は、戦場の動きの大部分はCGで、表情はアナログと2つの手法を合成して制作されているとのことですが、これによって人の動きが凄く細かくなっている上に、その動きに音の効果が加わると、遠近感や重量感がよりいっそうリアルになって、臨場感が増すという…!!
最初、前日にMAGネットで特集を見た際、「CG分多いと、全体的にトゥルンとした質感になりそうだなぁ…」と心配してもいましたが、や、本当におみそれしました。音の力って凄い。

あと、馬骨的にOPで流れるAriaにはもう、イントロ入った瞬間に鳥肌ブワァアアアアア!!でした。
CDは前日にすでにGETしてたけど、本編見るまではフルで聴くのを封印してたので。ようやく念願の歌声を劇場で聴くことができて、いきなりクライマックス状態突入。ベルセルクの物語世界に一気に叩き込むような曲、いやはやさすがとしか言いようのない、圧倒的音楽の魔術でした。

ストーリー自体は原作を読んでいるので、あまりここでは詳しく語りませんが、個人的に今回でのお気に入りはグリフィスとシャルロット王女との会話のシーン。
あの時グリフィスが「夢」について語るのをガッツが聞いていた訳だけど、あれは本当に、見てて辛くなる……
劇場版じゃぼやかさえていたけど、ガッツの幼少期からあの時点に至るまでのことを思えば、グリフィスの話は特に胸に刺さる。それまで自分の「夢」というものを持つことなく、剣を振って戦うことだけを求めてきたガッツにとって、受けた衝撃はいか程だったかと。
結果的に、グリフィスと対等の友であろうとしてガッツは鷹の団を去ることになる訳だし…

黄金時代を3部作で、という形式において、第一章をあの場面までとしたのはGJだったと思います。
思えば確かに、あれが2人の気持ちが離れることとなった最初のポイントだったんだなぁ。
おそらく第2章は予告をみる限り、グリフィス投獄までなんだろうなぁ…辛いわー でも見ちゃう(ソワッチラッ

あーしかし、人同士の戦争シーンであの迫力なら、蝕が全くもって一体どうなってしまうのか。
本気で恐ろしい予感に、これからも期待期待!!
[ 2012/02/08 21:54 ] 漫画&アニメ | TB(-) | CM(0)

2年ぶりの小説更新です

1月から若干ずれて、2月になってしまいました、が!

ざっと2年ぶりに、『儚人』の続きUP完了いたしました…!
いやもう本当に、遅れに遅れて申し訳ない限りですorz

書く内容はすでに決まっているものの、前回からこの間の開きっぷりということで、正直、『儚人』の文章の雰囲気を思い出すのに苦労したというのが一点。
それと、当初のプロットでいくと字数が2万字を超えてしまいそうだからということで、何とか前後編となるのを回避しようと、練り直しに時間がかかってしまったのが一点。
うん、ホントに、こんなんでよく続き書けたなと自分で思う次第です;




さて、ネタバレ解説に移る前に、今後の更新予定についてちょいとお知らせを。

ツイッターでポツポツ呟いてはおりましたが、今年はオフでのイベント参加を目標にということで、『儚人』も現状キリの良いところで終わっている1章2章の冊子化を目論んでおります。
今後、WEBでの連載は先行公開分という扱いになりますが、いかんせんまだ参加を目標に、という段階ですので、しばらくはこのイベント参加の準備に追われる形となります。夏までに『儚人』の冊子化と、短編集1冊を出すという予定で現状動いておりますが、その分WEBの更新――つまりは『儚人』第34回のUPはまたしても遅れることが予想されます;
まぁさすがに、今度は2年も開けるつもりはありませんが…!!

早くて9月10月頃には第34回をUPする、というのが、今んとこお約束できる最短の予定となります。
実際、WEBの更新が遅れれば、それだけ3章の冊子化も遅れるということになりますので、これを励みに連載が途絶えることだけは防ごうと、そんな計画であります。
がんばっていこー おー




と、前置きが長くなってしまいましたが、ここから第33回ネタバレ解説となります。


[ 2012/02/06 00:45 ] 創作徒然 | TB(-) | CM(0)

愛の脳内逃避行

Twitterのブログパーツをつけて以来、そちらで呟く方が楽なので、すっかりブログ本体の記事が疎かになっている矢車です。
何とも久々なブログ記事だ……あ、ちなみに繁忙期は全然終わってません(泣
この調子で5月も母の日で忙殺かいチクショー!


ちなみに今日は、休みが運良く母のと被ったので、二人してようやく映画版『NINE』を観に行ってきました。

数年前にも母と一緒に、日本の舞台版を見たこの作品。
その為、あらすじとかは前もって知っていたんですが、映画版は舞台のと話の内容(特にラスト)が若干変わってて、曲も一部削られていたり新しく入っていたりしていたので、かなり新鮮な印象で見ることができました。

いや、それより何より、自分の見た舞台版が登場人物8人(?)だったのに対し、さすが映画版はスケールが違う!
とにかくミュージカルパートは圧巻の一言。
大スクリーンで、大勢のきれーなオネーチャンが下着姿で妖艶に舞い踊るんだよ!
セ ク シ ー ダ イ ナ マ イ ト 大 乱 舞 だ よ !!
これを「ありがとうご馳走様」と言わずして何とするか。

特にお気に入りのナンバーは、スタッフロールにも使われていた「ビー・イタリアン」と「シネマ・イタリアーノ」です。
サンギータ率いる娼婦達の、全身を使ったタンバリンと砂のアクション。
ステファニーとスーツ姿の男達が、激しいリズムで乱舞するイタリア映画賛歌。
もうこの二つ見た時、映画化バンザーイと思わずにはいられなかったです。
なんつー格好良さ……!


とはいえ、それもこれもあれも、7人の女達が歌い上げる曲は、その大半が追い詰められた天才映画監督・グイドが思い描く妄想の世界での事。
現実では撮影直前になっても脚本が1ページも書けず、ローマから逃亡するわ、都合の良い時だけ愛人に甘えるわ、妻には愛想つかされるわ、主演女優にも拒絶されるわ、その過程で延々「グイド最高ー!」的な妄想に耽溺するわと、何か舞台版よりダメ人間っぷりに拍車がかかっている気がするグイド氏(笑

それでも最後に救済措置を持ってくる辺りがハリウッド式なのかなぁと。
締め方としてはきれい過ぎるくらいきれいな方でしたが、こういうのも有りかなということで、悪くはないと思います。

しかしコレ女の立場からすれば、グイドに関しては「てめぇこのマカロニ野郎!」という呆れがまぁどうしても先に出てきてしまう訳なんですが、男性視点から見るとどんな感想がでるのかちと気になります。
[ 2010/04/07 23:20 ] 映画 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

矢車青(やぐるま・しょう)

Author:矢車青(やぐるま・しょう)
趣味の物書き。生まれも育ちも四国の土佐。創作小説サークル『モノクロアニマル』にて、本作ってイベント参加してたりもします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。